子どもたちの命と未来を守る会

真実を学び発信するためのブログ

オミクロン対応二価ワクチンはなぜ失敗したのか: NEJMに掲載された記事から/荒川央 博士

オミクロン対応二価ワクチンについて批判的な内容の記事がNEJM誌の「Perspective」として発表されました。Perspectiveとは「物事に対する見方」や「視点」といった意味です。NEJMのようなコロナワクチン接種を先頭に立って推進してきた、いわゆる「権威ある」学術雑誌も態度を変え始めたという事です。掌返しとも言っても良いでしょう。

この記事は週刊誌等いろいろな所でも既に紹介されていますが、私からもここで改めて紹介させていただきます。

Bivalent Covid-19 Vaccines — A Cautionary Tale
Offit (2023) NEJM
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMp2215780

二価のCovid-19ワクチン - 注意すべき物語

2021年11月、アフリカ南部でオミクロン (亜種BA.1) と呼ばれる新たな亜種が検出された。オミクロン変種は、中和抗体の主要な標的である受容体結合ドメインに少なくとも15個の変異を含む、驚くべき数の変異 (30個以上) をスパイクタンパクに含んでいた。また、SARS-CoV-2のワクチン接種者や感染者から採取した血清サンプルは、BA.1に対する中和活性が祖先株や他の株よりも大幅に低い事が分かった。さらに、市販のモノクローナル抗体製剤の多くはこの変異型に対して無効であった。アフリカ南部の初期のデータではオミクロンによる重症化に対して過去の感染やワクチン接種が有効である事が示され心強かったが、公衆衛生当局はBA.1株が既存のCovid-19ワクチンや治療法の有効性を脅かす事を懸念していた。

オミクロンではスパイクタンパクの変異が30程度あるため、変異の多さがしばしば指摘されますが、その事よりもむしろ変異のパターンが問題なのです。オミクロンのスパイクタンパク遺伝子にはアミノ酸配列を変えないS変異がほとんど存在せず、これは自然な進化を経てきたようにはとても見えません。しかもオミクロンの変異はコロナワクチンによる免疫を回避するものに偏っています。

さらに興味深い事としては、オミクロン特有の変異により、オミクロンのスパイクタンパクには正電荷が増えているという特徴があります。細胞膜やウイルスは負に荷電しています。そしてDNAやRNAも負に荷電しているため、遺伝子やウイルスベクターを細胞に導入する際に正電荷を加える手法は細胞生物学でもよく使われています。正電荷が増す事により細胞に結合しやすくなり、また細胞内に取り込まれやすくなるのです。

スパイクタンパクの正電荷が増えた事により細胞に取り込まれやすくなった事もオミクロンの弱毒性に関係している可能性があります。正電荷が増えると、ウイルスが体内の深くに侵入する以前に鼻や口などの体の入り口付近の細胞でトラップされやすくなります。一方、コロナワクチンは筋肉注射により最初から体内にダイレクトに注入されます。大量生産されたスパイクタンパクが血中を循環する際に、取り込まれやすくなったスパイクタンパクがどの細胞に取り込まれるかは予測不可能です。つまり、オミクロン株が弱毒性なのに対し、オミクロン対応ワクチンはむしろ強毒性となる恐れがあるのです。

mRNA技術を使って変種株に迅速に対応できる事から、この新たな脅威に対抗するため、二価ワクチンが作られた。2022年1月と2月、ファイザー・ビオンテック社は、SARS-CoV-2の祖先株に対する15 μgのmRNAとBA.1に対する15 μgを含む2価ワクチンを製造した。モデルナ社は、同じ2つの株それぞれに対して25 μgのmRNAを使用した。この量は、各社の成人向け一価ブースター用量 (ファイザー・ビオンテックは30 μg、モデルナは50 μg) のmRNAの量と同じであった。
2022年6月28日、ファイザー・ビオンテックとモデルナの研究者は、FDAのワクチンおよび関連生物学的製剤諮問委員会 (著者のOffitが委員を務めている) に二価ワクチンに関するデータを提出した。その結果は失望するものであった。二価ワクチンによるBA.1に対する中和抗体のレベルは、一価ワクチンによる中和抗体の1.5倍から1.75倍に過ぎなかったのである。この差は、両社のワクチンに関するこれまでの経験から、臨床的に重要でない事が示唆された。安全性データは安心できるものであった。FDAが発表した当時、BA.1は、より免疫回避性が高く感染力の強いオミクロン亜種に取って代わられ、米国ではもう流行していなかった。しかし冬はすぐそこまで来ていた。FDAの諮問委員会は、これらの免疫侵襲性の高い株への対応の緊急性を感じ、当時流通していた株の95%以上を占めていたオミクロン亜型のBA.4とBA.5を標的にするという理解で、二価ワクチンの認可を決議した。

二価ワクチンによって誘導される中和抗体の量は一価ワクチンのものと比べてせいぜい1.5倍から1.75倍。臨床的には大きな違いではありません。著者は触れていませんが、コロナワクチンの効果を測る上で専ら中和抗体の数値のみに頼っているのも疑問です。抗体には「良い抗体」「悪い抗体」「役に立たない抗体」があり、それらも相対的なものです。悪い抗体には例えば感染増強抗体や自己抗体なども含まれます。中和抗体の数値だけを見ていても、細胞性免疫の働きや、悪影響を及ぼす免疫の作用については分からないのです。実際、スパイクタンパクに対する抗体やT細胞が人体にとって良い働きをするとも限りません。抗体依存性自己攻撃、T細胞依存性自己攻撃が起これば、コロナワクチンによるスパイクタンパクを発現した細胞が攻撃を受けるでしょう。これはすなわち自己免疫疾患と同様です。

二価ワクチンの失敗の理由の一つはワクチンがすぐに「型落ち」になってしまう事です。日本でオミクロン対応ワクチン接種が始まった頃に米国で流行していたオミクロンはBA.4、BA.5でした。BA.1はすでに流行してはおらず、開発国である米国でもいわゆる「流行遅れ」となったものを日本人に大量接種させ始めました。すでに型落ちが判明しているものを接種しても、リスクに見合うメリットなどそもそもありません。仮に今現在流行している変異株のワクチンを作って接種したとしても、また数ヶ月もすれば型落ちになるのです。

その後、矢継ぎ早に政策決定が行われた。諮問委員会の翌日の2022年6月29日、バイデン政権はBA.4とBA.5のmRNAを含むファイザー・ビオンテックの二価ワクチン1億500万回分を購入する事に合意した。1カ月後の2022年7月29日、政権はモデルナの二価ワクチン6600万回分を購入する事に合意し、秋と冬に両方のワクチンを提供する意向を示した。2022年9月1日、FDAは一価ワクチンブースターの緊急使用許可を取り下げ、CDCは12歳以上の全員に二価ワクチンブースターを推奨した。2022年10月12日、CDCはこの推奨を拡大し、5歳以上の全員に適用した。この時点では、一価ワクチンと二価ワクチンのBA.4とBA.5に対する相対的な保護能力を比較するための免疫原性データを含むヒトからのデータはなかった。

2022年10月24日、David Hoらは、一価または二価のブースター投与後のBA.4およびBA.5に対する中和抗体のレベルを調べた試験結果を発表した。その1日後、Dan Barouchらは同様の研究結果を発表し、「BA.5 (中和抗体) の力価は、1価と2価のmRNAブースターで同等であった」と報告している。Barouchと同僚はまた、CD4+/CD8+ T-cell反応に、一価ブースター群と二価ブースター群の間に顕著な差がない事を指摘した。どちらの研究グループも、二価ブースターが優れた免疫反応を誘発する事を見い出さなかった。この結果は現在、学術雑誌に掲載されている。

 

二価ワクチンを使ってBA.4とBA.5の中和抗体を有意に増加させる戦略は、なぜ失敗したのだろうか? 最も考えられる説明は、刷り込みだ。二価ワクチンを接種された人々の免疫システムは、全員が以前にワクチンを接種した事があり、SARS-CoV-2の祖先株に対して反応するようにプライミングされていたのである。したがって、彼らはおそらくBA.4とBA.5の新しいエピトープではなく、BA.4とBA.5と祖先株とが共有するエピトープに反応したのだろう。この効果は、BA.4とBA.5のmRNAだけで免疫するか、BA.4とBA.5のmRNAをより多く免疫する事によって緩和される可能性がある。これらの戦略を支持する証拠として、ファイザー・バイオインテックのBA.1含有二価ワクチンに関するデータがある。これは、BA.1特異的中和抗体反応が、30 μgまたは60 μgのBA.1 mRNAを含む一価ワクチンまたは二価ワクチンを接種した人々でより大きかったというものである。mRNAを30 μgまたは60 μg含む一価ワクチン、またはBA.1 mRNAを30 μgおよび祖先株mRNAを30 μg含む二価ワクチンを接種した人は、それぞれのmRNAを15 μg含む二価ワクチンを接種した人に比べ、BA.1特異的中和抗体反応が高かった。

2022年11月22日、CDCは、BA.4およびBA.5 mRNAワクチンのブースター投与受領後2カ月以内の症状性感染予防効果に関するデータを発表した。2~3ヶ月前に一価ワクチンを接種した人の場合、二価ワクチンのブースター投与による追加予防効果は28~31%だった。これまでの研究結果を踏まえると、一般的に軽症である可能性が高い病気に対するこの適度な防御力の増加は、短期間で終わる可能性が高いと考えられる。2022年11月15日の時点で、二価ワクチンの接種が推奨されている人口の約10%しか接種していない。2022年12月までに、BA.4株はもはや循環しておらず、BA.5株は循環しているSARS-CoV-2の25%未満を占めており、BQ.1、BQ.1.1、BF.7、XBB、XBB.1などより免疫回避性の高い株と一部入れ替わった状態になっている。

二価ワクチンの失敗のもう一つの理由は抗原原罪です (著者は「imprinting (刷り込み)」と呼んでいます)。免疫系はウイルスや細菌などの病原体に遭遇した際に、免疫記憶を優先的に利用します。ナイーブB細胞が抗原ではなく抗原抗体複合体に出会うと、B細胞受容体だけではなくFc受容体からも信号を受け取ります。このFc受容体からの信号はB細胞の活性化を取り消してしまうのです。抗原原罪はウイルスや細菌のような病原体だけではなくワクチンによっても起こります。

オミクロンを初めとして私が解析した全ての新型コロナウイルス変異株は中立進化の法則に従っていませんでした。このため、変異株を含めて新型コロナウイルスは人工ウイルスではないかと私は推測しています。例えば、中和抗体の存在下で細胞へのウイルス感染実験を繰り返すと、中和抗体に対して耐性を持つウイルス株を濃縮する事が技術的には可能です。これも指向性進化 (directed evolution) の1つの実験法です。既に存在している免疫を回避するウイルスの進化は自然にも起こりますが、実験室で加速させる事もできるのです。むしろワクチンを型落ちにするようなウイルス変異株がすでに作成され、それが流布されている可能性すらあるという事です。

二価ワクチンの経験から、どのような教訓を得る事ができるでしょうか?
幸いな事に、SARS-CoV-2亜種は、ワクチン接種や過去の感染によってもたらされる重症化に対する防御に抵抗するような進化はしていない。もしそうなったら、変異体特異的なワクチンを作る必要がある。二価ワクチンによる増量は一価ワクチンによる増量と同様の効果が期待できるが、増量は重症化に対する防御を最も必要とする人たち、具体的には高齢者、重症化のリスクが高い複数の疾患を併せ持つ人、免疫不全の人たちに限って行う事が望ましいと思われる。一方、健康な若い人たちに、数ヵ月後には消えてしまうかもしれない株のmRNAを含むワクチンを接種して、症状のある感染をすべて防ごうとするのはやめるべきだと私は考えている。

コロナ騒動の初期にコロナワクチン有効率は95%であるという論文が発表されたのもNEJMです。この論文はその後BMJの副編集長Peter Doshiによって批判されました。今となってはこの「高い有効性」を信じている人はどれほど居るでしょうか? NEJMがPerspective (物事に対する見方) としてコロナワクチンがもはや有効ではないとの記事を載せた事は、世界的にコロナワクチンに対する流れが変わってきている表れのように思います。

子供がやばいんでないかい?/ おおきな木ホームクリニック 院長ブログより

本日のニュースにこんなものがありました。

黙食やめた学校 けど子は変わらず

大人は夜の街でワイワイガヤガヤしているというのに、子供はいまだに黙食。

そしてある学校では黙食をやめたのに、子どもたちは黙食を続けている。

これ、やばいっしょ。

完全大人の責任です。
「黙食」をすり込んでおいて、そのまま放置ですか。

黙食の光景は本当に異様ですね。

こんな環境で育った子供はどうなってしまうのでしょうか。
友達とも十分なコミュニケーションもとれず、決まった時間割通りに行動し、なんなら皆と違う行動を取ったら発達障害というレッテルを貼られかねない。
まるで完全管理社会に生きる人間のようです。
健全に成長するのか不安です。

記事には
「保護者から様々な意見があり、黙食を緩和できない」
とあります。

極端な話、99人の保護者が黙食は中止にしてと訴えても、1人の親が「コロナに感染したらどうするんだ!」と大騒ぎすれば、このへんちくりんになってしまった世間の情勢では、1人の親の意見の方が強くなってしまいます。
「コロナに感染したらどうするんだ!」の方が正当化されちゃうのですね。

そんなこと言うんだったら一歩も外を出歩くなって話になるんですけどね。

記事にはマスクの話も出てきますけど、やはりマスクもなかなか外せないらしい。
どんなときもマスクを絶対外せってことではないけれど、このコロナ騒動で子どもたちに植え付けてしまった常識を変えていく責任が大人にはあるはずです。

札幌市内の学校の先生には、ずっと前からそのように考えてひっそりがんばっておられる方もいます。

大人たちは頭を柔らかくして臨機応変に対応できるようにして欲しいですね。

黙食について、うちの子供に聞いてみたら、いまだに黙食とのこと。
本当がっかりです。
でも、ダウンタウンの「笑ってはいけない」ごっこをして友達とひそかに遊んでいるとか。
すばらしいぞ。

周りが規則規則とうるさく言っても、子供はどうやってサボるかとか、どうやってその中で楽しむかを考えるプロですね。
そんな風に子供は頼もしいから、一部の大人の思惑通り・悪巧み通りにはいきません。
だから自分はまだ楽観視はしていますが、いい加減この恥ずかしい時代遅れなことはさっさとやめるべきです。

「お父さんだって仕事終わったら飲みに行って楽しんでいるのに、なんで学校では黙食なの?」
って純粋な質問に答えられるのでしょうか。

さて、次の話題はまた週刊誌ネタです。
週刊新潮は毎号毎号ワクチンのマイナス面を特集し続けています。
しかもほぼ毎号、決まってデマ太郎の写真を使用しています。
やるじゃん。

今回は女性セブン2月9日号。

f:id:HiroshiCarlosFurukawa:20230201044209j:image
表紙の真ん中に、
『総力特集
感染者世界一「ワクチン大国・日本」の悲劇 それでもあなたはまだ打ち続けますか?』
てな感じで特集組んでいます。

3つの大きなテーマを取り上げていて
・打てば打つほど感染!世界中で疑われている「ワクチンの効果」
・「ワクチン接種死6人」遺族の無念の告白
・「ワクチン大量廃棄」で税金がドブに捨てられた!
の3本立て。

よくまとまっていますので、ぜひ手に入れて読んでみてください。

最後のテーマの「税金がドブに捨てられた!」についてですが、ドブには捨ててませんよね。
しっかりと製薬会社の儲けになっていますから。
「税金がドブに捨てられた」ではなく、「税金が製薬会社に奪われた」と表現するのが正しいのではないでしょうか。
まぁその仲介役が為政者ではありますが。
多大な貢献をした為政者に何の見返りがないというのも考えにくいですよね。ふつう。
真相は絶対に暴かれることはないかと思いますが。
見返りはお金だけではなく、身分・肩書きの保障も含まれます。

2023年1月16日から18日にかけて世界経済フォーラム(WEF)、通称ダボス会議に出席した(招待された?)デマ太郎なんか相当においますけどね。
ダボス会議については、知っている人は知っていると思います。
やりすぎ都市伝説にもよく出てくるものです。
知らない方はご自身で調べてみてください。

何の業績も肩書きもない自分ですら、最初っからワクチンの害について気づけたくらいなのですから、ワクチンを推奨ばかりしている医師や専門家の発言は本当不自然で仕方なかったです。
ワクチン接種で大儲けできたように、医者なんてお金でコロコロ簡単に動く人も多いですからね。
あるいはワクチンを強く推奨していればメディアが取り上げてくれて、簡単に有名になれることができました。
地方のローカル番組くらいには簡単に取り上げられたのではないでしょうか。
そんな風に、くだらない名声だけを求めているだけの医者もいたかもしれませんけどね。

本当このコロナ騒動ではまともな医者を簡単に見分けることができるいい機会になりました。
医者だけでなく、すべての人について言えることですが、今ワクチンなどについてどう考えているかによって、頭が固いか固くないか簡単に見分けられます。
この期に及んでいまだにワクチンを強く推奨なんて言っている人は、時代錯誤も甚だしいです。

打つべきか打たざるべき/ 中村篤史 ナカムラクリニック院長ブログより

ツイッター見てるから、コロナワクチンが危ないっていうのは分かります。でも子供の予防接種はどうしたらいいですか?どこまで受けさせればいいか、何を信用したらいいか分からなくなって。
2歳の長男には、悩みながらも全部打たせてきました。今、妊娠中なのですが、この子が生まれたら予防接種をどうしようかなって。
今後保育園に行くときに全然打ってなくて大丈夫か不安だし、日本製のがダメなら海外製のもっといいワクチンもあるかもしれないし、打っておいたほうがいいワクチンもあるかもしれない。あるいは、最近インフルエンザワクチンもmRNA型に切り替えていくという話があって、内容が危ないものに変わってないか、そこも怖いです。
ロキソニンに酸化グラフェンが入っているというツイートを見ました。出産後に痛み止めとしてロキソニンを使うので、酸化グラフェンの入ってない鎮痛剤を教えて下さい」
当院のことはどこで知りましたか?
ツイッターで知りました。ワクチンのことに詳しそうなので相談に来ました」

僕の記事を読んでないんだな、と思って、以前の記事『小児ワクチンについて』の内容を噛みくだいて説明した。すると、
「それ、もう読みました」
さすがに衝撃は隠せない。
「読んだうえで、なお打たせようかどうしようか悩んでるって、どういうことですか?」
「ワクチンの怖さは分かるんですけど、受けないのも不安です。4種混合、水疱瘡とかいろいろあるけど、保育園とか行って病気をもらうのも嫌だし、本当にワクチン受けないで大丈夫なんでしょうか。
長男のワクチンをこれからどうするか、そこも悩みです。受けなければ自治体とかからいろいろ言われるだろうし、ママ友と話していて『うちの子は1本も打ってない』とでも言えば何と思われれるか、そういう不安もあります」
僕は患者相手に感情的になることは滅多にない。強い口調で何かを言うこともない。内海先生は患者に面と向かって「shine !」とか言うけど(「輝け!)ということですが笑)、僕は内海先生ほど優しくないので、そこまで親身にならない。本気の言葉は使わない。
しかしこのとき、僕にしては珍しく、怒気を含んだ声でこう言った。
「それはご自身の感情でしょう?我が子のためではなく、受けさせていない自分が人からどう見られるか。単なる世間体じゃないですか。危険性を理解していながら、なお悩む。何を悩んでいるんですか?子供の健康と自分の世間体、どっちを取ろうかなってことですか?そのあたりが僕には全然理解できない。予防接種は義務ではありません。親が子供を守る壁にならないで、一体誰が守るんですか?」
怒ると、涙が出そうになる。感情というか、生理的な反応に過ぎないのだけれど。
ただ、救いがあったとすると、この人が素直だったことだ。
「そう、その通りだと思います。世間体ですね。打たないせいで起こる摩擦で、自分が傷つくのが怖いんですね」

誤解のないように断っておくけれども、僕は患者に「打て」とも「打つな」とも言わない。そういうふうに決めています。僕がするのは情報開示です。それはテレビや新聞からはまず入ってこない情報です。その情報を見た上で、ご自身で判断してください。

vaxxed 2View vaxxed 2 on Odyseeodysee.com


『Vaxxed II: The People's Truth』という2019年公開のドキュメンタリー映画から、一部を翻訳して字幕をつけました。
10分ほどの短い動画ですが、内容はずっしり重いですよ。

STOP!乳幼児・子どもコロナワクチン緊急記者会見のための動画と文字起こし/荒川央 博士

コロナワクチンは毒性の高い遺伝子製剤です。免疫系を損傷する作用も強く、そもそもワクチンと呼ぶべきものですら無いと考えます。文部科学省は2022年11月18日、オミクロン株対応ワクチンの接種情報の周知を依頼する文書を教育委員会等へ通知しました。これは子供達にコロナワクチンを接種させる強い圧力となるでしょう。

公的機関、医療機関、マスメディアがコロナワクチンの危険性を知らないとは考えにくく、総じて取り返しのつかない過ちを犯していると私は確信しています。組織が腐敗している場合、組織の命令や要請に従う事が正しい判断とはいえません。マスメディアの情報を盲信する人達に伝えるためには草の根の活動が必要です。

日常または仕事で子供達やその親御さん、教育関係者に接する機会のある方は、数分の時間をもらってスマートフォンなどで動画を見てもらうのも1つの手かと思います。最近もいくつも印象深い短い動画が評判になりました。有志医師の会の会見動画、京都大学名誉教授福島先生の厚生労働省への抗議、ワクチン薬害のご遺族の会見。どれも心に訴えかけるものがあります。

以下は、2022年11月23日に行われた有志医師の会の会見「STOP!乳幼児・子どもコロナワクチン」のために僭越ながら作成させていただいた私のメッセージ動画とその文字起こしになります。微力ながら、誰かを説得するためにお役に立てば幸いです。


動画及びYoutubeへのリンクURL:


https://www.youtube.com/watch?v=OWEjVe1KukY

 


動画の内容の文字起こし:

私はイタリア、ミラノの分子腫瘍学研究所に所属する研究者で、荒川 央といいます。専門は免疫学と分子生物学です。2021年6月からコロナワクチンが危険な理由についてブログで発信してきました。今日は研究所を代表する意見としてではなく、私個人の意見を述べさせていただきます。

コロナワクチンはRNAワクチンまたはDNAワクチンであり、中身は遺伝子製剤です。コロナウイルスの遺伝子をワクチンとして使っていますが、遺伝子製剤ワクチンは現在まだ研究途上の実験段階で、人間に大規模接種されたのは史上初の試みです。

コロナワクチンの危険性は主に2つありますが、1つは抗体依存性自己攻撃です。遺伝子製剤ワクチンであるコロナワクチンは、その作用機序として接種された人間の細胞内でウイルスの遺伝子を発現させます。ワクチン接種者は自分の細胞でウイルスの一部分を細胞表面に保有する事になるのです。そのため、抗体が攻撃するのはウイルスだけではなく自分自身の細胞もです。コロナワクチンは筋肉に注射されますが、筋肉の部分のみに留まるとは限りません。注射された脂質ナノ粒子は全身に運ばれ、最も蓄積する部位は肝臓、脾臓、卵巣、副腎だという事が分かっています。他にも血流を通して、心臓、肺、脳などにも運ばれる可能性があります。そうした場合、免疫が攻撃するのは、例えば卵巣、脾臓、副腎、血管、心臓、肺、脳です。免疫系が自分の体を攻撃する。つまり自己免疫疾患と同じ事がコロナワクチン接種により起こり得るという事です。

もう1つの大きな問題はスパイクタンパクそのものに毒性がある事です。スパイクタンパクとは、平たく言うとコロナウイルスの表面に生えているトゲトゲ部分の事です。コロナウイルス血栓を作り、肺や心臓、脳にも障害を起こす事がありますが、実は血栓を作るにはウイルス本体は必要ではなく、スパイクタンパクだけでも同様の障害を起こすという事が分かってきました。当初ウイルスが犯人だと思っていたら、スパイクタンパクが犯人だったという事です。そして、コロナワクチンはまさにこのスパイクタンパクを使っているのです。血栓はワクチンを打った後すぐに出来るとは限りません。血栓の出来やすさは個人差や体調、他の病気との兼ね合いによっても変わってきます。飛行機搭乗中や登山など、気圧の変化といった外的要因にも影響を受けるかもしれません。そういう状況下ではすぐに病院にも行けません。スパイクタンパクがいつ血栓による障害を起こすか、時限爆弾を抱えているようなものです。つまり「コロナウイルスに感染するのが怖いので、コロナウイルスの遺伝子を体に入れて、ウイルスの毒性タンパクを自分の体内で量産させてみよう!さて、どうなるでしょう?」まさにこういった人体実験が日本中で、世界中で行われています。

また、乳幼児特有のリスクとしては体が未完成な事です。スパイクタンパクは血液脳関門を透過して脳に到達できる事が分かっていますが、特に乳幼児期は血液脳関門が未完成ですので、脳へのリスクもさらに上がります。未完成な体へのダメージは最初は小さく見えたとしても、将来的には深刻な障害として現れてくる懸念があります。乳幼児期は免疫系も未完成で、免疫寛容のリスクもあります。胎児期や新生児期は免疫系が自分の抗原を学習し、それによって自己、非自己を判断できるようになる期間ですが、その時期に外来抗原であるワクチンを接種すると、自己抗原と学習する可能性があります。コロナワクチンによって免疫寛容が起これば、将来むしろコロナ感染に対して無抵抗な体が作られてしまうかもしれません。

考えてみて下さい。ご自身のコロナワクチン接種後に体調を崩した事はありませんか? または身の回りでコロナワクチン後遺症の方を見た事はありませんか?どうしてそうした事が起きていると思いますか?自分の目で見てきたものを自分自身で考えてみて下さい。

繰り返しますが、コロナワクチンはワクチンと名前は付いていますが、健康な方が気楽に打つようなものではない、毒性もリスクも高い遺伝子製剤と言っても良いものです。特に長期の影響はまだまだ未知であり、安全性は担保されていません。既に接種された方も、これ以上の接種は繰り返さないように。また、何よりも子供達の未来を奪う事のないように。コロナワクチンの持つ危険性について、皆さまどうぞよくよく調べた上での慎重な判断をお願いします。

 

コロナワクチンの危険性に関する医学・科学論文の数が「1,000件」を突破していた。その全リンク

ブログ『地球の記録』より転載いたします。

earthreview.net

以下
英国のウェブサイトが、これまで世界中で発表されたコロナワクチンに関しての問題、危険性などについて研究された「すべての論文」をリストしていました

その数は、実に 1,000件を超えています

しかも、この記事は、今年 1月に投稿されたものでして、私が知ったのが今日だったということですので、それから 11ヵ月など経過していますので、現在の数がどのくらいになるのか見当もつかないです。

今回、資料として、このページにあるすべてをリンクしておきます。

タイトルはすべて自動翻訳したもので、1,000件すべての翻訳はチェックしきれていないですので、日本語に間違いがあればご容赦下さい。

研究の対象は比較的重複しているものも多いですが、すべて掲載します。

ここからです。


 

Covidワクチンの科学的証拠

Covid Vaccine Scientific Proof Lethal

  1. 英国における COVID-19 ワクチン接種後の脳静脈血栓症: 多施設コホート研究: https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)01608-1/
  2. ChAdOx1 nCoV-19ワクチン接種後の播種性血管内凝固および死亡を伴うワクチン誘発性免疫血栓性血小板減少症: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1052305721003414
  3. COVID-19 ワクチン接種後の致命的な脳出血https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33928772/
  4. SARS-CoV-2 に対する mRNA ワクチン接種後の心筋炎、症例シリーズ: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2666602221000409
  5. COVID-19 のワクチン接種後の女性における急性静脈血栓塞栓症の 3 例: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2213333X21003929
  6. COVID-19 に対するワクチン接種後の冠動脈樹の急性血栓症https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1936879821003988
  7. 2020年3月2日から4月21日までのAd26.COV2.S(covid-19に対する)ワクチン接種後の血小板減少症を伴う脳静脈洞血栓症の米国症例報告:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33929487/
  8. ChAdOx1 nCov-19 ワクチンに関連する門脈血栓症https://www.thelancet.com/journals/langas/article/PIIS2468-1253(21)00197-7/
  9. 以前にVaxzevria(AstraZeneca)を接種した被験者の血小板減少症に関連する脳および内臓静脈血栓症の管理:止血および血栓症の研究のためのイタリア学会(SISET)の見解表明: https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov /33871350/
  10. COVID-19によるワクチン接種後のワクチン誘発性免疫免疫血栓性血小板減少症および脳静脈洞血栓症; 系統的レビュー:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022510X21003014
  11. COVID-19 ワクチンに関連する血小板減少症候群を伴う血栓症 : https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0735675721004381
  12. Covid-19 ワクチン誘発性血栓症と血小板減少症: 重要かつ実際的な臨床的ジレンマに関する解説 : https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0033062021000505
  13. COVID-19 ウイルスベクターワクチンに関連する血小板減少症候群を伴う血栓症https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0953620521001904
  14. COVID-19 ワクチン誘発性の免疫免疫性血栓性血小板減少症: 内臓静脈血栓症の新たな原因: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1665268121000557
  15. COVID-19 関連凝固障害およびワクチン誘発性免疫血栓性免疫血小板減少症 (covid) における血小板の役割: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1050173821000967
  16. COVID-19 ワクチン接種後の血栓性イベントの自己免疫の根源:  https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1568997221002160
  17. ワクチン接種後の脳静脈洞血栓症: 英国の経験:  https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)01788-8/fulltext
  18. SARS-CoV-2 ワクチンによって誘発される血栓性免疫性血小板減少症: https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/nejme2106315
  19. 米軍のメンバーにおけるCOVID-19 mRNAワクチンによる予防接種後の心筋炎。https://jamanetwork.com/journals/jamacardiology/fullarticle/2781601
  20. ChAdOx1 nCoV-19のワクチン接種後の血栓症および血小板減少症: https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2104882?query=recirc_curatedRelated_article
  21. 子供の症例シリーズにおける BNT162b2 メッセンジャー RNA COVID-19 ワクチンと心筋炎の関連: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34374740/
  22. ChAdOx1 nCov-19によるワクチン接種後の血栓性血小板減少症: https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2104840?query=recirc_curatedRelated_article
  23. ワクチン誘発性血栓性血小板減少症 (covid-19) の死後所見: https://haematologica.org/article/view/haematol.2021.279075
  24. ワクチン有害事象報告システム (VAERS) に報告された COVID-19 mRNA ワクチン接種後の免疫性血小板減少症を含む血小板減少症: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0264410X21005247
  25. Pfizer-BioNTech COVID-19 ワクチン接種後の 7 人の青年における急性症候性心筋炎: https://pediatrics.aappublications.org/content/early/2021/06/04/peds.2021-052478
  26. mRNAベースのSARS-CoV-2ワクチンの2回目の投与から7日後の失語症MRI は、52 歳の男性の左側頭葉に脳内出血 (ICBH) を明らかにしました。https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589238X21000292#f0005
  27. ChAdOx1 nCoV-19 と Ad26.COV.2.S ワクチン間のワクチン誘発性血栓エピソードの比較: https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0896841121000895
  28. SARS-CoV-2 ワクチン接種後の血小板減少症候群を伴う非常にまれな血栓症の背後にある仮説: https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0049384821003315
  29. BNT162b2 および ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン接種後の血栓および出血エピソード: ヨーロッパのデータの分析: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0896841121000937
  30. BNT162b2 mRNA SARS-CoV-2 ワクチン投与後の脳静脈血栓症: https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1052305721003098
  31. Oxford-AstraZeneca ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン (VITT) によって誘発される血栓性免疫性血小板減少症に関連する原発性副腎不全: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0953620521002363
  32. COVID-19 mRNAによるワクチン接種後の心筋炎および心膜炎: 医療提供者のための実際的な考慮事項: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0828282X21006243
  33. 「抗リン脂質症候群患者におけるSARS-CoV-2 mRNAワクチンの初回投与後に門脈血栓症が発生」: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2666572721000389
  34. Ad26.COV2.Sによるワクチン接種後の血栓性血小板減少症および脳静脈洞血栓症に対するビバリルジン治療の初期結果: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0196064421003425
  35. COVID-19 ワクチン接種後の心筋炎、心膜炎、および心筋症: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1443950621011562
  36. 自然の SARS-CoV-2 感染と比較したワクチン誘発性血栓性血小板減少症 (VITT) における免疫血栓症のメカニズム: https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0896841121000706
  37. COVID-19 ワクチン接種後の血栓性免疫性血小板減少症: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006497121009411
  38. ワクチン誘発性の血栓性血小板減少症: サクセス ストーリーの暗い章: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589936821000256
  39. 従来のヘパリン-ワルファリンベースの抗凝固療法で治療された非併存高齢インド人男性における COVID-19 ワクチンによる予防接種後の血小板減少症を伴わない抗 PF4 抗体陰性の脳静脈洞血栓症: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1871402121002046
  40. COVID-19 ワクチン接種後の血栓症: ACE 経路へのリンクの可能性: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0049384821004369
  41. アデノウイルスによるSARS-CoV-2ワクチン接種後およびCOVID-19後の米国人口における脳静脈洞血栓症: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0735109721051949
  42. アストラゼネカ COVID-19 ワクチン接種後に脳静脈血栓症を発症した中年アジア人男性のまれな症例: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0735675721005714
  43. COVID-19 ワクチン接種後の脳静脈洞血栓症と血小板減少症: 英国での 2 例の報告: https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S088915912100163X
  44. COVID-19 ワクチン (ChAdOx1 nCov-19) によるワクチン接種後の免疫性血小板減少性紫斑病: https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0006497121013963 .
  45. COVID-19 ワクチン接種後の抗リン脂質抗体と血栓形成傾向のリスク: ラクダの背中を折るストロー?: https://docs.google.com/document/d/1XzajasO8VMMnC3CdxSBKks1o7kiOLXFQ
  46. ワクチン誘発性血栓性血小板減少症、COVID-19 パンデミックとの戦いにおけるフレンドリーファイアのまれではあるが深刻なケース: どのような病因?: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0953620521002314
  47. COVID-19 ワクチン接種に関連する脳静脈血栓症の管理に関するアドホック FACME 専門家ワーキング グループの診断治療に関する推奨事項: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0213485321000839
  48. アストラゼネカ COVID-19 ワクチン」への曝露後の血小板減少症および頭蓋内静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33918932/
  49. ファイザーおよびモデルナ SARS-CoV-2 ワクチン接種後の血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33606296/
  50. SARS-CoV-2 ワクチン接種後に発生する重度で難治性の免疫性血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33854395/
  51. mRNA-1273 (現代) COVID-19 ワクチン接種後の紫斑発疹および血小板減少症: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7996471/
  52. COVID-19 ワクチン接種: VigiBase のデータを使用した動脈および静脈血栓症の発生に関する情報: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33863748/
  53. ドイツのcovid-19ワクチンに関連する脳静脈血栓症: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ana.26172
  54. SARS-CoV-2 に対する BNT162b2 の BNT162b2 mRNA ワクチン接種後の脳静脈血栓症: ブラック スワン イベント: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34133027/
  55. 抗COVID-19ワクチン接種後の脳静脈血栓症を認識することの重要性: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34001390/
  56. メッセンジャー RNA ワクチン接種後の血小板減少症を伴う血栓症 -1273: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34181446/
  57. BNT162b2 および ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン接種後の血栓と出血: ヨーロッパのデータの分析: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34174723/
  58. スコットランドでの ChAdOx1 および BNT162b2 COVID-19 ワクチンの初回投与と、血小板減少、血栓塞栓、出血のイベント: https://www.nature.com/articles/s41591-021-01408-4
  59. COVID-19 ワクチン接種後の免疫性血小板減少症の悪化:  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34075578/
  60. COVID-19 mRNA ベースの抗 COVID-19 ワクチンに関連する de novo iTTP エピソードの最初の報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34105244/
  61. ワクチン誘発性血栓性血小板減少症における PF4 イムノアッセイ:  https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2106383
  62. ワクチン誘発性免疫免疫血栓性血小板減少症における抗体エピトープ:  https://www.nature.com/articles/s41586-021-03744-4
  63. COVID-19 mRNAワクチンによる心筋炎: https://www.ahajournals.org/doi/pdf/10.1161/CIRCULATIONAHA.121.056135
  64. COVID-19 ワクチン接種後の心筋炎および心膜炎: https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2782900
  65. COVID-19 ワクチン接種に一時的に関連する心筋炎: https://www.ahajournals.org/doi/pdf/10.1161/CIRCULATIONAHA.121.055891 .
  66. 青少年の心筋炎に関連する COVID-19 ワクチン接種:  https://pediatrics.aappublications.org/content/pediatrics/early/2021/08/12/peds.2021-053427.full.pdf
  67. COVID-19に対するBNT162b2ワクチン投与後の急性心筋炎:  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33994339/
  68. COVID-19 ワクチン Ad26.COV2.S と急性心筋炎との時間的関連: 症例報告と文献のレビュー: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1553838921005789
  69. COVID-19 ワクチン誘発性心筋炎: 文献のレビューを伴う症例報告:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1871402121002253
  70. COVID-19 ワクチンと心筋炎の潜在的な関連性: 臨床および CMR 所見:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1936878X2100485X
  71. 青年期の男性におけるコロナウイルスmRNA疾患ワクチン2019(COVID-19)の投与に一時的に関連する急性心筋炎の再発: https ://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S002234762100617X
  72. 2 人の患者における BNT162b2 COVID-19 mRNA ワクチン接種に一時的に関連する劇症心筋炎および全身性過炎症: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0167527321012286 .
  73. BNT162b2 ワクチン投与後の急性心筋炎: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214250921001530
  74. COVID-19 Ad26.COV2.S ウイルスベクターによるワクチン接種後のリンパ組織球性心筋炎: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352906721001573
  75. 健康な男性における BNT162b2 のワクチン接種後の心筋炎: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0735675721005362
  76. 以前に SARS-CoV-2 に感染した健康な男性における Comirnaty (Pfizer) ワクチン接種後の急性心筋炎: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1930043321005549
  77. 青年におけるファイザー mRNA COVID-19 ワクチン接種後の心膜炎:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S002234762100665X
  78. BNT162b2 mRNA COVID-19 mRNA ワクチン投与後の心膜炎:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1885585721002218
  79. SARS-CoV-2 mRNA-1273 mRNAによるワクチン接種後の急性心筋炎:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589790X21001931
  80. BNT162b2 mRNA Covid-19 ワクチンの 2 回目の投与と、SARS-COV-2 感染歴のある患者における心臓障害との時間的関係:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352906721000622
  81. 12 歳から 18 歳の青年における COVID-19 mRNA のワクチン接種後の心膜炎:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022347621007368
  82. 24 歳の男性における SARS-CoV-2 ワクチン接種後の急性心筋炎:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0870255121003243
  83. 青少年におけるファイザー COVID-19 mRNA のワクチン接種後の心膜炎に関する重要な情報:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022347621007496
  84. mRNA-1279 と BNT162b2 による SARS-CoV-2 に対するワクチン接種後の一連の心筋炎患者: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1936878X21004861
  85. mRNA COVID-19のワクチン接種後のたこつぼ型心筋症:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1443950621011331
  86. COVID-19 mRNA ワクチン接種と心筋炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34268277/
  87. COVID-19 ワクチンと心筋炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34399967/
  88. 韓国の子供たちにおける COVID-19 mRNA ワクチンの導入前の心筋炎/心膜炎の疫学と臨床的特徴: 多施設研究https://search.bvsalud.org/global-literature-on-novel-coronavirus-2019-ncov/resource /en/covidwho-1360706 .
  89. COVID-19 ワクチンと心筋炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34246566/
  90. COVID-19 mRNAベースのCOVID-19ワクチンの心筋炎およびその他の心血管合併症 https://www.cureus.com/articles/61030-myocarditis-and-other-cardiovascular-complications-of-the-mrna-based-covid-19-vaccines
  91. COVID-19 ワクチン接種後の心筋炎、心膜炎、および心筋症:  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34340927/
  92. covid-19 mRNAワクチンによる心筋炎: https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/CIRCULATIONAHA.121.056135
  93. 小児における心筋炎と COVID-19 mRNA ワクチンとの関連:  https://media.jamanetwork.com/news-item/association-of-myocarditis-with-mrna-co vid-19-vaccine-in-children/
  94. 子供のケースシリーズにおけるCOVID-19メッセンジャーRNAワクチンBNT162b2と心筋炎の関連:https ://jamanetwork.com/journals/jamacardiology/fullarticle/2783052
  95. 米軍のメンバーにおけるCOVID-19 mRNAワクチンによる予防接種後の心筋炎: https://jamanetwork.com/journals/jamacardiology/fullarticle/2781601%5C
  96. COVID-19 mRNAベースのCOVID-19ワクチンによる予防接種後に発生する心筋炎: https://jamanetwork.com/journals/jamacardiology/fullarticle/2781600
  97. Covid-19 mRNAによる免疫後の心筋炎: https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2109975
  98. COVID-19 mRNAのワクチン接種後の急性心筋炎患者: https://jamanetwork.com/journals/jamacardiology/fullarticle/2781602
  99. COVID-19 mRNAのワクチン接種に伴う心筋炎: https://pubs.rsna.org/doi/10.1148/radiol.2021211430
  100. Pfizer-BioNTech COVID-19ワクチン接種後の7人の青年における症候性急性心筋炎: https://pediatrics.aappublications.org/content/148/3/e2021052478
  101. COVID-19 mRNAワクチン接種後の急性心筋炎の若年成人患者における心血管磁気共鳴画像所見:ケースシリーズ:https ://jcmr-online.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12968-021-00795-4
  102. COVID-19 mRNAによるワクチン接種後の心筋炎および心膜炎の若者のための臨床ガイダンス: https://www.cps.ca/en/documents/position/clinical-guidance-for-youth-with-myocarditis-and-pericarditis
  103. COVID-19 mRNAによるワクチン接種後の急性心筋炎の心臓画像:  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34402228/
  104. 症例報告: mRNA-1273 SARS-CoV-2 mRNAワクチンの2回目の投与後の急性心筋炎: https://academic.oup.com/ehjcr/article/5/8/ytab319/6339567
  105. COVID-19 ワクチンに関連する心筋炎/心膜炎:  https://science.gc.ca/eic/site/063.nsf/eng/h_98291.html
  106. BNT162b2 mRNA COVID-19 ワクチンを投与された青年期の一過性心臓損傷: https://journals.lww.com/pidj/Abstract/9000/Transient_Cardiac_Injury_in_Adolesce nts_Recoming.95800.aspx
  107. Pfizer-BioNTech COVID-19 ワクチン接種後の青年期の心筋炎:  https://academic.oup.com/jpids/advance-article/doi/10.1093/jpids/piab060/6329543
  108. 新しい COVID-19 mRNA ワクチン プラットフォームと心筋炎: 潜在的なメカニズムの手がかり: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34312010/
  109. COVID-19 ワクチン接種後の急性心筋障害: ワクチン有害事象報告システム データベースからの症例報告と現在の証拠のレビュー: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34219532/
  110. COVID-19 ワクチン接種後の有害な心血管イベントのリスクに注意してください: https://www.xiahepublishing.com/m/2472-0712/ERHM-2021-00033
  111. COVID-19 ワクチン接種に関連する心筋炎: 心エコー検査、心臓トモグラフィー、および磁気共鳴画像検査の結果: https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/CIRCIMAGING.121.013236
  112. COVID-19 mRNAワクチンの2回目の投与後に心筋炎と推定される症例の詳細な評価: https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/CIRCULATIONAHA.121.056038
  113. COVID-19 ワクチン接種後の急性梗塞様心筋炎の発生: 偶然の一致か、ワクチン関連の自己免疫性心筋炎?: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34333695/
  114. 男性の青年におけるコロナウイルスmRNA疾患ワクチン2019(COVID-19)の受領に一時的に関連する急性心筋炎の再発:https ://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8216855/
  115. SARS-CoV-2 ワクチン接種後の心筋炎: ワクチン誘発反応?: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34118375/
  116. BNT162b2 mRNAワクチンによるワクチン接種後の青年における胸痛およびST上昇を呈する自己限定性心筋炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34180390/
  117. COVID-19 ワクチン接種後の以前は健康だった青年男性の心膜炎: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34133825/
  118. 40歳の男性における最初のCOVID-19 mRNAワクチン接種後の生検で証明されたリンパ性心筋炎: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34487236/
  119. COVID-19 mRNAワクチン誘発性心膜炎のマウスモデルからの洞察: 偶発的なワクチンの静脈内注射が心膜炎を誘発する可能性がある
  120. 現代の SARS-COV-2 mRNA-1237 ワクチン接種後の急性心筋炎の異常な症状: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34447639/
  121. 若い健康な男性における mRNA-1273 SARS-CoV-2 (Modern) mRNA-1273 ワクチンの初回投与後の心筋炎: 症例報告: https://bmccardiovascdisord.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12872-021-02183
  122. SARS-CoV-2 ワクチンの 2 回目の投与後の急性心筋炎: セレンディピティまたは因果関係:  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34236331/
  123. COVID-19 mRNAワクチンによって誘発される横紋筋融解症と筋膜炎:  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34435250/
  124. COVID-19 ワクチン誘発性横紋筋融解症: 文献レビューを伴う症例報告:  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34186348/ .
  125. GM1 ガングリオシド抗体と COVID-19 関連のギランバレー症候群: 症例報告、全身レビュー、およびワクチン開発への影響:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2666354621000065
  126. アストラゼネカ COVID-19 ワクチン接種後のギラン・バレー症候群: 因果関係または偶然の関連: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0303846721004169
  127. ChAdOx1 nCov-19 ワクチン接種後の感覚ギラン・バレー症候群: 2 例の報告と文献のレビュー: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165572821002186
  128. SARS-CoV-2 ワクチンの初回投与後のギラン・バレー症候群: 因果関係ではなく、一時的な発生: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214250921000998 .
  129. COVID-19 のワクチン接種後に顔面両麻痺として現れるギラン・バレー症候群: 症例報告: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0736467921006442
  130. ChAdOx1 nCoV-19 ワクチンの初回注射後のギラン・バレー症候群: 最初の報告: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0035378721005853 .
  131. SARS-CoV-2 ワクチンは、ワクチン接種後のギラン・バレー症候群患者には安全ではありません: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2049080121005343
  132. メチルプレドニゾロンに対する劇的な反応を伴うCOVID-19ワクチン接種後の急性多動性脳症:症例報告:https ://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2049080121007536
  133. COVID-19 mRNAワクチン投与後の顔面神経麻痺:自己報告データベースの分析:https ://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1201971221007049
  134. COVID-19 ワクチンに関連する神経学的症状と神経画像の変化: 原因または偶然: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0899707121003557 .
  135. ChAdOx1 nCoV-19ワクチン接種後の新たな難治性てんかん重積症:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165572821001569
  136. 急性骨髄炎と ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン: 偶然または因果関係:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165572821002137
  137. ベル麻痺と SARS-CoV-2 ワクチン: 展開中のストーリー:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1473309921002735
  138. 再発性ベル麻痺の病歴を持つ患者にファイザー COVID-19 ワクチンを 2 回接種した後のベル麻痺: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S266635462100020X
  139. COVID-19 mRNAワクチンによる予防接種後の急性発症中心性漿液性網膜症:. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2451993621001456 .
  140. COVID-19 ワクチン接種後のベル麻痺: 症例報告:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S217358082100122X .
  141. 患者のアレルギー歴を使用して COVID-19 mRNA ワクチンのリスクを評価する学術病院の経験: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2213219821007972
  142. PETにおけるCOVID-19ワクチン誘発性腋窩および胸部リンパ節腫脹:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1930043321002612
  143. Pfizer-BioNTech COVID-19ワクチン接種後のANCA関連血管炎: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0272638621007423
  144. COVID-19 mRNAワクチン投与後の遅発性皮膚反応 : https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2213219821007996
  145. COVID-19 ワクチン誘発性横紋筋融解症: 文献のレビューを伴う症例報告:  https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1871402121001880
  146. V-REPP を含む COVID-19 ワクチンに対する皮膚反応の臨床的および病理学的相関: 登録ベースの研究: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0190962221024427
  147. COVID-19ワクチンに関連する血小板減少症候群を伴う血栓症:. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0735675721004381​​ .
  148. COVID-19 ワクチン関連アナフィラキシー: 世界アレルギー機関のアナフィラキシー委員会からの声明:. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1939455121000119 .
  149. 従来のヘパリン-ワルファリンベースの抗凝固療法で治療された高齢の非併存インド人男性におけるCOVID-19ワクチンによる予防接種後、血小板減少症のない抗PF4抗体陰性の脳静脈洞血栓症:. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1871402121002046 .
  150. COVID-19に対するBNT162b2ワクチン投与後の急性心筋炎:. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S188558572100133X
  151. BNT162b2 および ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン接種後の血栓と出血: ヨーロッパのデータの分析:. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0896841121000937 .
  152. Pfizer-BioNTech の COVID-19 BNT162b2 mRNA ワクチンに関連する免疫性血小板減少症:. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214250921002018 .
  153. COVID-19 mRNA-1273 (モデルナ) ワクチンの 2 回目の投与後の水疱性薬疹: 症例報告: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1876034121001878 .
  154. COVID-19 RNA ベースのワクチンとプリオン病のリスク: https://scivisionpub.com/pdfs/covid19rna-based-vaccines-and-the-risk-of-prion-diseasy-1503.pdf
  155. この研究では、covid-19 ワクチンの安全性に関する研究に参加した 827 人の妊婦のうち、115 人の妊婦が赤ちゃんを失ったことを指摘しています。 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2104983
  156. ChAdOx1 nCov-19 ワクチンのプロセス関連不純物: https://www.researchsquare.com/article/rs-477964/v1
  157. 中枢神経系の炎症を引き起こす COVID-19 mRNA ワクチン: ケース シリーズ: https://link.springer.com/article/10.1007/s00415-021-10780-7
  158. Pfizer-BioNTech COVID-19 ワクチンの初回投与後のアナフィラキシーを含むアレルギー反応: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33475702/
  159. 最初の COVID-19 ワクチンに対するアレルギー反応: ポリエチレングリコール潜在的な役割: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33320974/
  160. ファイザーのワクチンはアレルギーの懸念を引き起こします: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33384356/
  161. Pfizer-BioNTech COVID-19 ワクチンの初回投与後のアナフィラキシーを含むアレルギー反応 – 米国、2020 年 12 月 14 ~ 23 日: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33444297/
  162. 最新の COVID-19 ワクチンの初回投与後のアナフィラキシーを含むアレルギー反応 – 米国、2020 年 12 月 21 日~2021 年 1 月 10 日: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33507892/
  163. 2019年コロナウイルス病予防接種後のアナフィラキシーの報告、韓国、2021年2月26日~4月30日: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34414880/
  164. 米国での COVID-19 mRNA ワクチン接種後のアナフィラキシーの報告 - 2020 年 12 月 14 日 - 2021 年 1 月 18 日: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33576785/
  165. 予防接種の実施とアナフィラキシーのリスク: COVID-19 ワクチン接種データの現在の包括的な更新: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34269740/
  166. COVID-19 mRNAワクチンの投与後の既存のアレルギーとアナフィラキシー反応との関係: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34215453/
  167. COVID-19 mRNAワクチンに関連するアナフィラキシー: アレルギー研究へのアプローチ: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33932618/
  168. 英国および米国におけるファイザー / BioNTech ワクチンによる COVID-19 ワクチン接種後の重度のアレルギー反応: ドイツアレルギー学会の見解表明: ドイツアレルギー学会 (AeDA)、ドイツアレルギー学会および臨床免疫学会 (DGAKI) および学会小児アレルギー学および環境医学 (GPA): https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33643776/
  169. LNP ベースの COVID-19 ワクチンに対するアレルギー反応とアナフィラキシー: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33571463/
  170. COVID-19 ワクチンによる口腔顔面への悪影響の報告: 既知および未知: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33527524/
  171. 利用可能な COVID-19 ワクチンの皮膚への悪影響: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34518015/
  172. 日本におけるCOVID-19 mRNAワクチン(Pfizer-BioNTech)の注射後のアナフィラキシーの累積有害事象報告:最初の月の報告:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34347278/
  173. COVID-19 ワクチンはアナフィラキシーのリスクを高める: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33685103/
  174. Pfizer-BioNTech COVID-19 mRNA ワクチン COVID-19 の初回投与後の二相性アナフィラキシー: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34050949/
  175. COVID-19 の mRNA-1273 ワクチンのアレルギー成分: ポリエチレングリコールおよび IgG を介した補体活性化の関与の可能性: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33657648/
  176. ポリエチレングリコール (PEG) は、ファイザー / BioNTech mRNA COVID-19 ワクチンに対するアナフィラキシーの原因です: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33825239/
  177. COVID-19 mRNA ワクチンに対する急性アレルギー反応: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33683290/
  178. SARS CoV2 ワクチン接種者のポリエチレングリコールアレルギー: 若年成人の接種者の症例報告と SARS-CoV2 への将来の暴露の管理: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33919151/
  179. 日本の医療従事者におけるCOVID-19に対するファイザーBNT162b2 mRNAワクチンのワクチン接種後のアナフィラキシー発生率の上昇; 承認後の初期安全性データの二次分析: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34128049/
  180. mRNAベースのワクチンの投与に関連するアレルギー反応および有害事象。医療制度の経験: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34474708/
  181. COVID-19 ワクチンに対するアレルギー反応: ベルギーアレルギー臨床免疫学会 (BelSACI) の声明: https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/17843286.2021.1909447
  182. COVID-19 mRNAワクチンに対するアナフィラキシーの原因としてのポリエチレングリコール(PEG)に対するIgE媒介性アレルギー:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34318537/
  183. COVID-19 ワクチン接種後のアレルギー反応: リスクを視野に入れる: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34463751/
  184. COVID-19 mRNAワクチンに対するアナフィラキシー反応: さらなる研究の呼びかけ:  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33846043/
  185. アレルギー性皮膚疾患患者における COVID-19 ワクチンに対する重度のアレルギー反応のリスク:実際的な推奨事項。外部の専門家による ETFAD の見解: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33752263/
  186. COVID-19 ワクチンと死亡: WHO 適格性診断による因果関係アルゴリズム: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34073536/
  187. COVID-19 ワクチン接種後の致命的な脳出血: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33928772/
  188. ロマリンダ大学皮膚科における COVID-19 ワクチンに対する一連の皮膚反応: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34423106/
  189. モデルナとファイザーの COVID-19 ワクチン接種後に報告された皮膚反応: 414 例の登録に基づく研究: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33838206/
  190. V-REPP を含む COVID-19 ワクチンに対する皮膚反応の臨床的および病理学的相関: 登録ベースの研究: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34517079/
  191. SARS-COV-2 に対するワクチン接種後の皮膚反応: 405 例の全国的なスペイン横断研究: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34254291/
  192. COVID-19のワクチン接種後の水痘帯状疱疹ウイルスおよび単純ヘルペスウイルスの再活性化:国際皮膚科登録簿の40例のレビュー:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34487581/
  193. COVID-19 ワクチンに関連する免疫性血栓症および血小板減少症 (VITT): 新しい症候群の診断および治療に関する推奨事項: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33987882/
  194. COVID-19 ワクチン誘発性の血栓性 (免疫性) 血小板減少症の疑いに関する臨床検査: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34138513/
  195. COVID-19ワクチン接種後の血小板減少症候群を伴う血栓症による脳内出血:韓国で最初の死亡例:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34402235/
  196. covid-19ワクチン接種およびSARS-CoV-2検査陽性後の血小板減少症および血栓塞栓症のリスク:自己管理ケースシリーズ研究:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34446426/
  197. covid-19ワクチン接種後のワクチン誘発性免疫血栓性血小板減少症および脳静脈洞血栓症; 系統的レビュー: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34365148/ .
  198. COVID-19 のワクチン接種後の神経と筋肉の有害事象: 臨床試験の系統的レビューとメタ分析: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34452064/ .
  199. COVID-19ワクチンの投与に一時的に関連する脳静脈血栓症および播種性血管内凝固症候群のまれな症例: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33917902/
  200. Oxford-AstraZeneca ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン (VITT) によって誘発される血栓性免疫性血小板減少症に関連する原発性副腎不全: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34256983/
  201. COVID-19 ワクチンに関連する急性脳静脈血栓症および肺動脈塞栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34247246/ .
  202. アストラゼネカ COVID-19 ワクチン投与後の門脈間膜血栓症に対する血栓吸引注入および線維素溶解: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34132839/
  203. Pfizer-BioNTech BNT162b2 mRNA ワクチン COVID-19 の初回投与から 7 日後の広範な深部静脈血栓症および肺血栓塞栓症の 59 歳の女性: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34117206/
  204. 脳静脈血栓症およびワクチン誘発性血小板減少症。Oxford-AstraZeneca COVID-19: 迅速な経験の回復の機会を逃した: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34033927/
  205. mRNAベースのCOVID-19ワクチンの心筋炎およびその他の心血管合併症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34277198/
  206. COVID-19 mRNA BNT162b2ワクチン投与後の心膜炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34364831/
  207. SARS-COV-2 mRNA-1237 現代に対するワクチン接種後の急性心膜炎の異常な症状: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34447639/
  208. 症例報告: SARS-CoV-2 mRNA-1273 ワクチン mRNA-1273 の 2 回目の投与後の急性心筋炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34514306/
  209. SARS-CoV-2 に対する mRNA/DNA ワクチン接種後の 27 人の被験者における免疫介在性疾患の発生または最近発症した疾患: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33946748/
  210. COVID-19 mRNAワクチンによって誘発された筋膜炎のマウスモデルからの洞察:ワクチンの偶発的な静脈内注射が筋膜炎を誘発する可能性があります: https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34453510/
  211. 22歳のポストCovid-19ワクチンにおける免疫性血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33476455/
  212. COVID-19ワクチン接種後のプロピルチオウラシル誘発好中球抗細胞質抗体関連血管炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34451967/
  213. ChAdOx1 Covid-19ワクチンに関連する二次免疫性血小板減少症(ITP):症例報告:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34377889/
  214. AstraZeneca ChAdOx1 nCoV-19 (AZD1222) COVID-19 ワクチン接種後の血小板減少症候群 (TTS) を伴う血栓症: オーストラリアの 60 歳未満の人のリスクベネフィット分析: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34272095/
  215. COVID-19 ワクチン接種協会と顔面神経麻痺: 症例対照研究: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34165512/
  216. COVID-19 ワクチン接種とベル麻痺の関連: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34411533/
  217. COVID-19 ワクチン接種後のベル麻痺: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33611630/
  218. 急性横断性脊髄炎 (ATM): COVID-19 関連の ATM 患者 43 例と ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン (AZD1222) によるワクチン接種後の ATM の 3 つの重大な有害事象の臨床レビュー: https://pubmed.ncbi.nlm.nih .gov/33981305/
  219. mRNA-1273 SARS-CoV-2 mRNA-1273 ワクチンの 24 時間後のベル麻痺: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34336436/
  220. COVID-19 ワクチンの 1 回目と 2 回目の投与後の連続した対側顔面神経麻痺: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34281950/ .
  221. SARS-CoV-2 ワクチン接種による横断性脊髄炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34458035/
  222. BNT162b2 (COVID-19) のワクチン接種後の末梢顔面神経麻痺: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33734623/
  223. COVID-19 ワクチン接種後の急性外転神経麻痺: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34044114/ .
  224. COVID-19 mRNAワクチン投与後の顔面神経麻痺:自己報告データベースの分析:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34492394/
  225. COVID-19ワクチン接種後のSARS-CoV-2複視に対するRNA-1273メッセンジャーワクチン投与後の一過性眼球運動麻痺: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34369471/
  226. Ad26.COV2.S COVID-19 ワクチン接種後のベル麻痺: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34014316/
  227. COVID-19 ワクチン接種後のベル麻痺: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34330676/
  228. ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン接種後の両側顔面神経麻痺を伴う急性脱髄性多発神経根ニューロパシーの症例: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34272622/
  229. COVID-19 に対する mRNA-1273 のワクチン接種後のギリアン・バレー症候群: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34477091/
  230. SARS-CoV-2 ワクチン接種の合併症の可能性としての急性顔面麻痺: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33975372/ .
  231. COVID-19ワクチン接種後のCSFでの高い抗体反応によるベル麻痺: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34322761/ .
  232. SARS-CoV-2またはSARS-CoV-2ワクチン接種に関連するパーソナージ・ターナー症候群。コメント: 「神経痛性筋萎縮症と COVID-19 感染: 副脊髄神経麻痺の 2 例」Col et al. 関節脊椎 2021; 88:10519: https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34139321/ .
  233. ワクチンmRNAの単回投与後のベル麻痺。SARS-CoV-2: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34032902/ .
  234. コロナウイルス病ワクチン 2019 (COVID-19) 後に発症する自己免疫性肝炎: 因果関係か被害者か?: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33862041/
  235. SARS-CoV-2 に対するワクチン接種によって引き起こされる自己免疫性肝炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34332438/
  236. COVID-19 mRNAによるワクチン接種後の非定型抗ミトコンドリア抗体による急性自己免疫様肝炎: 新しい臨床実体: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34293683/ .
  237. COVIDワクチン接種後の自己免疫性肝炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34225251/
  238. Janssen COVID-19のワクチン接種後のギラン・バレー症候群の両顔面両麻痺バリアントの新規症例: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34449715/
  239. ChAdOx1 nCoV-19 と Ad26.COV.2.S ワクチン間のワクチン誘発性血栓イベントの比較: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34139631/ .
  240. ChAdOx1 nCoV-19によるワクチン接種後の両側上眼静脈血栓症、虚血性脳卒中および免疫性血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33864750/
  241. ワクチン誘発性の免疫免疫性血栓性血小板減少症を伴う脳静脈洞血栓症の診断と治療: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33914590/
  242. ChAdOx1 nCov-19によるワクチン接種後の静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34420802/
  243. SARS-CoV-2 に対するワクチン接種後の脳静脈洞血栓症: 欧州医薬品庁に報告された症例の分析: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34293217/
  244. covid-19ワクチン接種およびSARS-CoV-2検査陽性後の血小板減少症および血栓塞栓症のリスク:自己管理ケースシリーズ研究:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34446426/
  245. BNT162b2 および ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン接種後の血栓と出血: ヨーロッパのデータの分析: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34174723/
  246. デンマークノルウェーにおけるOxford-AstraZeneca ChAdOx1-Sによるワクチン接種後の動脈イベント、静脈血栓塞栓症、血小板減少症および出血:人口ベースのコホート研究:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33952445/
  247. スコットランドでの ChAdOx1 および BNT162b2 COVID-19 ワクチンの初回投与と血小板減少症、血栓塞栓症、および出血性イベント: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34108714/
  248. ドイツの COVID-19 ワクチンに関連する脳静脈血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34288044/
  249. ChAdOx1 nCov-19によるワクチン接種後の悪性脳梗塞:ワクチン誘発性の免疫介在性血栓性血小板減少症の壊滅的な変異体:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34341358/
  250. 腹腔動脈および脾動脈血栓症にオックスフォードワクチンの初回投与から7日後に脾臓梗塞を合併、因果関係または偶然: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34261633/ .
  251. Oxford-AstraZeneca ChAdOx1 nCoV-19 (VITT) ワクチン誘発性免疫血栓性血小板減少症に関連する原発性副腎不全: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34256983/
  252. COVID-19 ワクチン接種後の血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34332437/ .
  253. COVID-19ワクチン接種後の血小板減少症に関連する脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33845870/ .
  254. COVID-19 予防接種後の血小板減少症候群を伴う血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34236343/
  255. COVID-19 ワクチン接種後 24 時間以内の急性心筋梗塞: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34364657/ .
  256. SARS-CoV-2 ワクチン接種後の両側急性黄斑神経網膜症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34287612/
  257. COVID-19 mRNAワクチン接種後のくも膜下出血を伴う中心静脈洞血栓症:これらの報告は単なる偶然の一致ですか:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34478433/
  258. COVID-19ワクチン接種後の血小板減少症候群を伴う血栓症による脳内出血:韓国で最初の死亡例:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34402235/
  259. 従来のヘパリン-ワルファリンベースの抗凝固療法で治療された非併存高齢インド人男性におけるCOVID-19ワクチンによる予防接種後の血小板減少症のない抗PF4抗体陰性の脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov /34186376/
  260. SARS-CoV-2 mRNAワクチンの初回投与から2週間後の脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34101024/
  261. SARS-CoV-2 に対する ChAdOx1 nCoV-19 のワクチン接種後の多発性血小板減少症および血栓症の症例: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34137813/
  262. ワクチン誘発性血栓性血小板減少症: 血栓症アデノウイルスベースの SARS-CoV-2 ワクチンとの間のとらえどころのないリンク: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34191218/
  263. ChAdOx1 nCov-19ワクチンによって誘発される免疫性血栓性血小板減少症を明らかにする急性虚血性脳卒中:再疎通戦略への影響: https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34175640/ 
  264. ChAdOx1 nCoV-19ワクチン接種後の新たな難治性てんかん重積症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34153802/
  265. COVID-19 ウイルスベクターワクチンに関連する血小板減少症候群を伴う血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34092488/
  266. ジョンソン・エンド・ジョンソン COVID-19 ワクチン接種後の肺塞栓症、一​​過性脳虚血発作、および血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34261635/
  267. アストラゼネカ COVID-19 ワクチン投与後の門脈間膜血栓症に対する血栓吸引注入および線維素溶解: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34132839/ .
  268. 自然発生的HIT症候群:膝関節置換術、感染症、およびワクチン誘発性の免疫性血栓性血小板減少症との類似点:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34144250/
  269. SARS-CoV-2 mRNA ワクチンの 2 回目の投与直後に発生する深部静脈血栓症 (DVT): https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33687691/
  270. SARS-CoV-2ワクチン接種に関連する免疫血栓性血小板減少症における凝固促進抗体を介した凝固促進血小板:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34011137/ .
  271. ワクチン誘発性の免疫性血栓性血小板減少症は、死亡率の高い重度の脳静脈血栓症を引き起こします: ケースシリーズ: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34393988/ .
  272. 凝固促進性微粒子: ワクチン誘発性免疫性血小板減少症 (VITT) と脳洞静脈血栓症との関連の可能性: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34129181/ .
  273. ワクチン VaxZevria® (AstraZeneca) に関連する非定型血栓症: フランスの地域ファーマコビジランスセンターのネットワークからのデータ: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34083026/ .
  274. COVID-19ワクチンに関連する急性脳静脈血栓症および肺動脈塞栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34247246/ .
  275. 両側副腎出血を伴うワクチン誘発性血栓症および血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34235757/ .
  276. Oxford-AstraZeneca COVID-19 ワクチン接種後の手掌指静脈血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34473841/ .
  277. Oxford-AstraZeneca COVID-19ワクチン接種後の皮膚壊死に関連する皮膚血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34189756/
  278. COVID-19 ワクチン接種後の脳静脈血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34045111/ .
  279. アストラゼネカ COVID-19 ワクチン接種後のリプシュッツ潰瘍: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34366434/ .
  280. Vaxzevri ワクチン (AstraZeneca) COVID-19 に続発する筋萎縮性神経痛: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34330677/
  281. MessengerワクチンRNA-1273後の血小板減少症を伴う血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34181446/
  282. ChAdOx1 nCoV-19のワクチン接種から12日後の脳内出血: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34477089/
  283. COVID-19によるワクチン接種後の血栓性血小板減少症: 根底にあるメカニズムを求めて: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34071883/
  284. コロナウイルス (COVID-19) ワクチン誘発性免疫血栓性血小板減少症 (VITT): https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34033367/
  285. EudraVigilance データベースを使用した、ヨーロッパにおける 4 つの COVID-19 ワクチンの副作用の比較: 珍しい部位の血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34375510/
  286. ワクチン誘発性の免疫性血栓性血小板減少症に対する免疫グロブリンアジュバント: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34107198/
  287. COVID-19のワクチン接種後の重度のワクチン誘発性血栓性血小板減少症:検死症例報告と文献のレビュー: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34355379/
  288. SARS-CoV-2 mRNAによる免疫後の急性肺塞栓症の症例: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34452028/
  289. ワクチン誘発性血栓性血小板減少症-VITTにおけるSARS-CoV-2ワクチン接種後の脳内出血に対する減圧頭蓋切除術に関する脳神経外科的考慮事項: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34202817/
  290. 血栓症および SARS-CoV-2 ワクチン: ワクチン誘発性の免疫性血栓性血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34237213/ .
  291. 後天性血栓性血小板減少性血小板減少性紫斑病: BNT162b2 ワクチンに関連するまれな疾患: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34105247/ .
  292. ChAdOx1ワクチン誘発性血小板減少症における免疫複合体、自然免疫およびNETosis: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34405870/ .
  293. ChAdOx1 nCov-19ワクチン接種後の感覚ギラン・バレー症候群:2例の報告と文献のレビュー:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34416410/ .
  294. COVID-19 および ChAdOx1 nCoV-19 (AZD1222) ワクチン接種後の Vogt-Koyanagi-Harada 症候群: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34462013/ .
  295. SARS-CoV-2ワクチン接種後、6年以上制御下にあるVogt-Koyanagi-Harada病の再活性化: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34224024/ .
  296. ChAdOx1 nCov-19 後のワクチン接種後脳炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34324214/
  297. COVID-19 ワクチンに関連する神経症状と神経画像の変化: 原因か偶然か?: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34507266/
  298. 多発性骨髄腫患者における SARS-COV-2 ワクチン接種後の致命的な全身性毛細血管漏出症候群: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34459725/
  299. ChAdOx1 nCOV-19によるワクチン接種後の多発性関節痛および筋肉痛症候群: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34463066/
  300. SARS-CoV-2 ワクチン接種後の亜急性甲状腺炎の 3 例: ワクチン接種後 ASIA 症候群: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34043800/ .
  301. 顔面両麻痺: ギラン・バレー症候群と Ad26.COV2.S ワクチンのまれで非定型のバリアント: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34447646/
  302. ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン接種と出血エピソードとの関連: 大規模集団ベースのコホート研究: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34479760/ .
  303. 2人の患者におけるBNT162b2 COVID-19 mRNAワクチン接種に一時的に関連する劇症心筋炎および全身性過炎症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34416319/ .
  304. 脳静脈洞血栓症 (CVST) を中心とした、三次医療病院での COVID-19 ワクチン接種後に報告された悪影響: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34092166/
  305. mRNAベースまたはアデノウイルスベクターベースのSARS-CoV-2ワクチン接種後の亜急性皮膚エリテマトーデスエリテマトーデスの誘発および増悪: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34291477/
  306. BTN162b2 メッセンジャー RNA (mRNA) ベースの COVID-19 ワクチンによる予防接種後の点状出血および指の剥離: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34513435/
  307. COVID-19 ワクチン接種後の C 型肝炎ウイルスの再活性化: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34512037/
  308. SARS-CoV-2組換えウイルスベクターワクチンによる免疫後の両側性免疫介在性角質溶解: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34483273/ .
  309. 高齢女性におけるファイザー-バイオンテック COVID-19 ワクチン接種後の免疫介在性血小板減少性紫斑病: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34513446/
  310. ChAdO × 1 nCov-19 ワクチンに関連する血小板減少症候群を伴う血栓症における血小板の活性化と調節: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34474550/
  311. COVID-19 ワクチン接種後の反応性関節炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34033732/ .
  312. SARS-CoV-2 ワクチン接種後のバセドウ病の 2 例: アジュバントによって誘発される自己免疫/炎症性症候群: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33858208/
  313. リツキシマブで治療された多発性硬化症患者における COVID-19 ワクチン接種後の急性再発と免疫不全: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34015240/
  314. ChAdOx1 nCoV-19によるワクチン接種後の広範囲にわたる固定水疱性薬物噴出: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34482558/
  315. 中枢神経系の炎症を引き起こす COVID-19 mRNA ワクチン: ケース シリーズ: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34480607/
  316. Covid-19によるCovid-19 mRNAベースのワクチン接種後の胸腺過形成: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34462647/
  317. SARS-CoV-2 に対するワクチン接種後の急性播種性脳脊髄炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34325334/
  318. COVID-19 ワクチン接種後に発生するトロサ・ハント症候群: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34513398/
  319. ChAdOx1 nCOV-19 (Oxford-AstraZeneca) によるワクチン接種後の全身性毛細血管溢出症候群: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34362727/
  320. Ad26.COV2.S ワクチンに関連する免疫介在性血小板減少症 (Janssen; Johnson & Johnson): https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34469919/ .
  321. Ad26.COV2.Sによるワクチン接種後の糖タンパク質特異的血小板自己抗体による一過性血小板減少症: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34516272/ .
  322. メチルプレドニゾロンに対する劇的な反応を伴うCOVID-19ワクチン接種後の急性多動性脳症:症例報告:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34512961/
  323. BNT162b2 mRNA COVID-19 ワクチンを投与された青年期の一過性心臓損傷: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34077949/
  324. ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン接種後に発症する自己免疫性肝炎 (Oxford-AstraZeneca): https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34171435/
  325. COVID-19 ワクチン接種後の多発性硬化症の重度の再発: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34447349/
  326. COVID-19 ウイルスベクター Ad26.COV2.S によるワクチン接種後のリンパ組織球性心筋炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34514078/
  327. ChAdOx1 nCov-19によるワクチン接種後の血球貪食性リンパ組織球症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34406660/ .
  328. ChadOx1 nCoV-19によるワクチン接種後の成人患者におけるIgA血管炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34509658/
  329. SARS-CoV2 ワクチン接種後の白血球破砕性血管炎の症例: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34196469/ .
  330. コロナウイルスChAdOx1 nCoV-19ワクチン(オックスフォード-アストラゼネカ/コビシールド)後の乾癬の発症/アウトブレイク: 2例の報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34350668/
  331. SARS-CoV-2 ワクチン接種後のヘイリー・ヘイリー病の悪化: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34436620/
  332. 韓国での COVID-19 ワクチン接種後の鎖骨上窩リンパ節腫脹: 超音波検査による連続フォローアップ: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34116295/ .
  333. COVID-19 ワクチン、免疫性血栓性血小板減少症、黄疸、過粘稠度: 基礎に肝障害がある場合の懸念: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34509271/ .
  334. SARS-CoV-2 ワクチン接種後の脳静脈血栓症に関する国際脳静脈血栓症コンソーシアムの報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34462996/
  335. COVID-19 パンデミック時のワクチン接種後の免疫性血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34435486/
  336. COVID-19: ノルウェーの悲劇からの教訓は、発展途上国/開発途上国でのワクチンの発売を計画する際に考慮に入れる必要があります: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34435142/
  337. COVID-19のワクチン接種後のリツキシマブによる急性リンパ溶解および汎血球減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34429981/
  338. COVID-19がmRNAとBNT162b2ワクチンを不活化した後の尋常性乾癬の悪化:2例の報告:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34427024/
  339. ワクチン誘発性間質性肺疾患: COVID-19 ワクチンに対するまれな反応: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34510014/ .
  340. COVID-19 mRNAワクチンによって誘発される水疱性皮膚反応:4例の報告と文献のレビュー:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34236711/
  341. 重度の頭痛を伴うワクチン誘発性血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34525282/
  342. COVID-19 mRNAワクチンの初回投与後の急性心筋炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34515024/
  343. COVID-19 mRNAワクチンによって誘発される横紋筋融解症および筋膜炎: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34435250/ .
  344. COVID-19 ワクチンのまれな皮膚への悪影響: ケース シリーズと文献のレビュー: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34363637/
  345. Pfizer-BioNTech COVID-19 mRNA ワクチン BNT162b2 に関連する免疫性血小板減少症: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214250921002018
  346. COVID-19 ワクチン接種に起因すると推定される二次免疫性血小板減少症: https://casereports.bmj.com/content/14/5/e242220.abstract .
  347. Pfizer-BioNTech BNT162b2 mRNA COVID-19 ワクチン後の免疫性血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34155844/
  348. COVID-19 ワクチン投与後に新たに診断された特発性血小板減少症: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8176657/ .
  349. 特発性血小板減少性紫斑病と最新の Covid-19 ワクチン: https://www.annemergmed.com/article/S0196-0644(21)00122-0/fulltext .
  350. ファイザーとモデルナの SARS ワクチン接種後の血小板減少症 – CoV -2: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8014568/ .
  351. COVID-19 ワクチン接種後の免疫性血小板減少性紫斑病および急性肝障害: https://casereports.bmj.com/content/14/7/e242678 .
  352. SARS-CoV-2 ワクチン接種後の補体媒介性および自己免疫性血液疾患の収集: https://ashpublications.org/bloodadvances/article/5/13/2794/476324/Autoimmune-and-complement-mediate-hematologic
  353. CoronaVac ワクチン接種に伴う点状出血:第 3 相結果前の皮膚副作用の最初の報告:https ://ejhp.bmj.com/content/early/2021/05/23/ejhpharm-2021-002794
  354. COVID-19 ワクチンは、発作性夜間ヘモグロビン尿症で重度の溶血を誘発します: https://ashpublications.org/blood/article/137/26/3670/475905/COVID-19-vaccines-induce-severe-hemolysis-in
  355. ドイツの COVID-19 ワクチンに関連する脳静脈血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34288044/ .
  356. COVID-19 ワクチン接種後の脳静脈洞血栓症 : 神経学的および放射線学的管理: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34327553/ .
  357. COVID-19ワクチン接種後の脳静脈血栓症と血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33878469/ .
  358. COVID-19ワクチン接種後の脳静脈洞血栓症と血小板減少症:英国での2例の報告:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33857630/ .
  359. SARS-CoV-2 ワクチンによって誘発される脳静脈血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34090750/ .
  360. アデノウイルスを媒介とする COVID-19 ワクチンによって誘発される頸動脈免疫血栓症: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34312301/ .
  361. ワクチン誘発性血栓性血小板減少症に関連する脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34333995/
  362. COVID-19 関連凝固障害およびワクチン誘発性免疫免疫性血栓性血小板減少症における血小板の役割: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34455073/
  363. BNT162b2 mRNA SARS-CoV-2ワクチン接種後の脳静脈血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34111775/ .
  364. COVID-19 ワクチン接種後の脳静脈血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34045111/
  365. COVID-19ワクチン接種後の致命的な脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33983464/
  366. アデノウイルスによるSARS-CoV-2ワクチン接種後およびCOVID-19後の米国人口における脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34116145/
  367. COVID-19 ワクチン接種後の脳静脈血栓症: ワクチンの血管内投与によって血栓症のリスクが増加します: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34286453/ .
  368. COVID-19 mRNAワクチン接種後のくも膜下出血を伴う中心静脈洞血栓症: これらの報告は単に偶然の一致であるか: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34478433/
  369. 誤解を招く最初の脳MRIによるChAdOx1 nCov-19ワクチン接種後の脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34244448/
  370. Ad26.COV2.Sによるワクチン接種後の血栓性血小板減少症および脳静脈洞血栓症に対するビバリルジン治療の初期結果: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34226070/
  371. COVID-19によるワクチン接種後の血小板減少症に関連する脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33845870/ .
  372. SARS-CoV-2 mRNAワクチンの初回投与から2週間後の脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34101024/ .
  373. ワクチン誘発性の免疫性血栓性血小板減少症は、死亡率の高い重度の脳静脈血栓症を引き起こします: ケースシリーズ: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34393988/ .
  374. アデノウイルスと血小板および凝固およびワクチン関連自己免疫性血小板減少症血栓症症候群との相互作用: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34407607/ .
  375. ChAdOx1 nCoV-19 (AZD1222) ワクチンによる COVID-19 (SARS-CoV-2 コロナウイルス) ワクチン接種に起因する頭痛: 多施設観察コホート研究: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34313952/
  376. 三次医療病院での COVID-19 ワクチン接種後に報告された悪影響、脳静脈洞血栓症 (CVST) に焦点を当てる: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34092166/
  377. SARS-CoV-2 に対するワクチン接種後の脳静脈洞血栓症: 欧州医薬品庁に報告された症例の分析: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34293217/
  378. COVID-19 アストラゼネカのワクチン接種後に脳静脈血栓症を発症した中年アジア人男性のまれな症例: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34274191/
  379. 従来のヘパリン-ワルファリンベースの抗凝固療法で治療された非併存高齢インド人男性におけるCOVID-19ワクチンによる予防接種後の血小板減少症のない抗PF4抗体陰性の脳静脈洞血栓症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov /34186376/
  380. デンマークノルウェーにおけるOxford-AstraZeneca ChAdOx1-Sによるワクチン接種後の動脈イベント、静脈血栓塞栓症、血小板減少症および出血:人口ベースのコホート研究:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33952445/
  381. 凝固促進性微粒子: ワクチン誘発性免疫性血小板減少症 (VITT) と脳洞静脈血栓症との関連の可能性: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34129181/
  382. Ad26.COV2.Sによるワクチン接種後の血小板減少症を伴う脳静脈洞血栓症のS.症例報告、2021年3月2日~4月21日: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33929487/ .
  383. ChAdOx1 nCov-19によるワクチン接種後の悪性脳梗塞:ワクチン誘発性の免疫介在性血栓性血小板減少症の壊滅的な変異体:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34341358/
  384. ChAdOx1 nCov-19ワクチンによって誘発される免疫性血栓性血小板減少症を明らかにする急性虚血性脳卒中:再疎通戦略への影響: https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34175640/ 
  385. ワクチン誘発性免疫血栓性免疫性血小板減少症(VITT):異質な臨床症状を伴う新しい臨床病理学的実体:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34159588/ .
  386. ChAdOx1 nCoV-19 (AstraZeneca) によるワクチン接種後の血栓症および血小板減少症における画像および血液所見: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34402666/
  387. COVID-19によるワクチン接種後の血栓イベントの自己免疫の根:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34508917/
  388. ワクチン接種後の脳静脈洞血栓症:英国の経験:https ://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34370974/
  389. COVID-19 の晩期合併症としての大規模な脳静脈血栓症と静脈流域梗塞: 症例報告: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34373991/
  390. ワクチン誘発性免疫血栓症と免疫性血小板減少症の診断と治療に対するオーストラリアとニュージーランドのアプローチ: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34490632/
  391. COVID-19ワクチン接種後のノルウェーの医療従事者における血小板減少症および抗PF4 /ポリアニオン抗体の有病率を特定するための観察研究: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33909350/
  392. 急性横断性脊髄炎 (ATM): COVID-19 関連の ATM 患者 43 例と ChAdOx1 nCoV-19 (AZD1222) ワクチンによるワクチン接種後の ATM の 3 つの重大な有害事象の臨床レビュー: https://pubmed.ncbi.nlm.nih .gov/33981305/ .
  393. ChAdOx1 nCoV-19ワクチン接種後の両側顔面神経麻痺を伴う急性脱髄性多発神経根ニューロパシーの症例:. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34272622/
  394. アデノウイルスベクターベースのCOVID-19ワクチンを最近接種した患者における急性虚血性脳卒中および出血を伴う血小板減少症:. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33877737/
  395. ChAdOx1 nCoV-19 ワクチンを接種した韓国人における血栓塞栓症の予測および観察された発生率: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34254476/
  396. スコットランドでの ChAdOx1 および BNT162b2 COVID-19 ワクチンの初回投与と、血小板減少、血栓塞栓、および出血イベント: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34108714/
  397. ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン関連血小板減少症: タイでの ChAdOx1 ワクチン接種 107,720 回接種後の免疫性血小板減少症の 3 例: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34483267/ .
  398. ジョンソン・エンド・ジョンソン COVID-19 ワクチン接種後の肺塞栓症、一​​過性脳虚血発作、および血小板減少症: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34261635/

コビッドワクチンにより数十億人の命が危険にさらされる可能性があると日本の教授が指摘

f:id:HiroshiCarlosFurukawa:20221202133015j:image

コビッドワクチンにより数十億人の命が危険にさらされる可能性があると日本の教授が指摘
2022年12月1日、ローダ・ウィルソン著 

11月25日に開催された遺族会見で、京都大学名誉教授の福島雅典氏が、コビド注射の害について警告を発した:

"幅広い有害事象を考えると、最終的には数十億人の命が危険にさらされる可能性がある・・・何兆円もかけて輸入し、国民を(接種するように)煽っている・・・専門誌では、誤解が明るみに出て、いかに危険かが理解されるようになった。"

Dr. Masanori Fukushima, warns about vax harms to Japan's Ministry of Health (FULL VERSION) - Rumblerumble.com
福島雅典先生:「ワクチン被害は今や世界的な問題。数十億人の命が危険にさらされる可能性がある」(5分)

福島雅典博士は、生物医学研究およびトランスレーショナル・メディシンに関する論文を多数発表しており、京都大学名誉教授であると同時に、財団法人先端医療振興財団トランスレーショナル・リサーチ・インフォマティクスセンター(神戸市)に勤務しています。 また、200以上の論文を執筆し、7,000回以上引用されている。

愛知県がんセンター、京都大学医学部附属病院で腫瘍内科医として30年以上の経験を持ち、標準的ながん治療の実践と普及、日本の医療制度の改革に携わり、現在もトランスレーショナル・リサーチを中心とした臨床試験の基盤づくりに貢献する活動を続けています。

ウェイクアップが記者会見での別の映像をツイートした。コビドワクチンによって妻を殺された夫が言った。

「あなた方は(ワクチンで)何人の人を殺すつもりなのですか?...我々国民は、おもちゃでもモルモットでもないのです」。


上記の映像は、Odyseeのこちらで見ることができる2時間近いビデオからの抜粋である。

この会議は、ワクチン接種後に死亡した人々の家族や、ワクチン接種の義務化によって差別を受けた人々に、自らの体験を語り、指導と支援を行う機会を提供することを目的に、鵜川和久氏によって企画された。 会議の目的について、鵜川は自身のウェブサイトで次のように述べている:

● ワクチン被害者へのアドバイスとして、国や自治体への書類作成や手続きの代行。
● 医師による診察、相談。
● 予防接種で差別を受けた方への訴訟支援。
● ワクチン被害者・遺族の集団訴訟に関する支援。

同サイトでは、ワクチン未接種の人が老人ホームや病院を訪問できない、治療のために入院できない、職場で差別されるなど、ワクチンによる人権侵害が起きているとしている。

 

原文:
Billions of lives could be in danger due to covid vaccines, Japanese professor says
BY RHODA WILSON ON DECEMBER 1, 2022 

At a press conference for bereaved families held on 25 November, Dr. Masanori Fukushima, Professor Emeritus at Kyoto University, warned about Covid injection harms:

“Given the wide range of adverse events, billions of lives could ultimately be in danger … You spend trillions of yen importing and inciting the population [to have it] … In professional magazines, the misunderstanding has come to light and now it is understood how dangerous it is.”


Dr. Masanori Fukushima: “Vaccine damage now a global problem. Billions of lives at possible risk” (5 mins)
Dr. Masanori Fukushima has published several articles on biomedical research and translational medicine, and, as well being Professor Emeritus at Kyoto University, works in the Translational Research Informatics Centre Foundation for Biomedical Research and Innovation, Kobe, Japan.  He has also written over 200 papers which have been cited over 7,000 times.

With comprehensive experience spanning over the past three decades as a medical oncologist at Aichi Cancer Centre and Kyoto University Hospital, Dr. Fukushima has engaged in the practice and dissemination of standard cancer treatment and reform of Japan’s medical care system and is active to date contributing to building up the infrastructure of clinical trial focusing on translational research.

Wake Up tweeted another clip from the press conference, a husband whose wife was killed by a Covid vaccine said:

“How many people are you guys going to kill [with the vaccines]? … We, the people, are neither toys nor guinea pigs.”


The above clips are taken from an almost two-hour video which you can find on Odysee HERE (Japanese only). 

The conference was organised by Kazuhisa Ukawa with a view to giving family members of those who have died post-vaccination and those who have suffered discrimination due to vaccine mandates a chance to tell their stories and to offer them guidance and support.  The purpose of the conference, Ukawa stated on his website, was to:

Provide advice to vaccine-injured people to prepare the paperwork and the procedures to be followed for national and local governments.
Examination and consultation with doctors.
Litigation support for those who have been discriminated against due to vaccinations.
Support regarding class action suits for the vaccine-injured and bereaved families.
The website states that human rights abuses due to vaccines are occurring, for example, unvaccinated people are not allowed to visit nursing homes or hospitals, are not admitted to hospitals for treatment and are discriminated against at work.

「全国有志医師の会」緊急記者会見/STOP!乳幼児コロナワクチン

2022.11.23
全国有志医師の会 緊急記者会見
「STOP!乳幼児・子どもコロナワクチン」全国有志医師の会 代表 藤沢明徳 代表

 

2022年11月23日
名古屋で行われた緊急記者会見を取材した。
2分のダイジェスト。

 

2022年11月23日に行われた
「生後6か月~4歳以下の乳幼児への新型コロナワクチン接種」に対する緊急記者会見
のなかで後遺症患者代表のスピーチの一部を抜粋

 

2022年11月23日 全国有志医師の会 緊急記者会見(荒川央先生切り抜き)

 

2022年11月23日
名古屋で行われた緊急記者会見を取材した。
全編をほぼノーカットでアップします。
1本目。

2本目。

STOP!乳幼児コロナワクチン