子どもたちの命と未来を守る会

真実を学び発信するためのブログ

コロナワクチンをめぐるイタリアの状況について/荒川央 博士

私の個人ブログで、イタリア ミラノ在住の日本人科学者 荒川央 博士の思いを主観的に書かれた文章を転載したところ、爆発的なアクセス数を更新し続けています。

とても大切なメッセージだと感じるので、こちらでも転載共有いたします。

子どもたちの命と未来を守る会 副会長 古川宏司(フルカワ ヒロシ)


荒川央 (あらかわ ひろし)
 1991年 京都大学理学部卒業 1996年 京都大学理学博士 (分子生物学、免疫学) バーゼル免疫学研究所 (バーゼル)、ハインリッヒ・ペッテ研究所 (ハンブルク)、ヘルムホルツ研究所 (ミュンヘン)、マックスプランク研究所 (ミュンヘン) を経て分子腫瘍学研究所 (ミラノ)所属

 

いつもはなるべく科学的な内容に絞って記事を書くように努めているのですが、一度私自身の視点で見た私の周りのコロナワクチンをめぐる状況について主観的に書いてみようと思います。

「グリーンパス」とはイタリアにおけるワクチンパスポートの呼称です。ワクチン未接種でもPCR、抗体検査などのコロナ陰性証明により48時間有効のグリーンパスを取得する事はできます。ちなみにイタリアでは抗体検査による陰性証明の費用は現在は1回15ユーロ (約2千円) です。ところが、イタリア政府は昨年の11月24日に「スーパーグリーンパス」の導入方針を決めました。スーパーグリーンパスの取得には陰性証明は無効で、コロナワクチン接種または新型コロナウイルス罹患からの治癒の証明が必要になります。この「スーパーグリーンパス」は12月6日から施行されました。ワクチン未接種者を社会から排除するための政策です。

以前はグリーンパス携帯で可能だったものが、スーパーグリーンパスを持っていないと不可になったものがたくさんあります。例えば、レストランやカフェでの食事など。現在、コロナワクチン未接種者は、電車、地下鉄、バス、トラム等の公共交通機関も利用できません。

さらに2022年1月5日、突如イタリアでは新法令が可決されました。50歳以上の全ての労働者にスーパーグリーンパスの義務を導入するという内容です。この法令によると、コロナワクチンを接種していない50歳以上の労働者は2022年2月15日から職場への立ち入りが禁止されます。ワクチンを接種しない者は強制的に不当な欠席者扱いとなり、職務停止となります。給与も支給停止となります。雇用関係を維持する権利はあり、懲戒処分は無いそうです。当面6月15日までの施行という事ですが、実際この内容でどこまで運用可能なのかも不透明ですし、今後どうなっていくかはまだ分かりません。


EU、特にイタリアのコロナワクチンファシズムは大変なレベルになっています。政府は安全性の保障のないコロナワクチン接種を受け入れなければ、各人の生活の基盤を奪うと国民に脅迫しているわけです。また、グリーンパスのためのワクチン接種後の有効期限の間隔は9ヶ月から6ヶ月に短縮されました。それでも疑問視せず、抵抗しない人が多いです。2022年1月17日現在、イタリアのワクチン接種者は81.9%。イタリア人の国民性は意外にもかなり従順です。

私の実感として、ワクチン未接種者に締め付けが厳しくなったのは去年の9月に入った頃でしょうか。この頃から職場の食堂で食事を取るのにもグリーンパスが必要になりました。その後、10月15日からは職場に入るのにグリーンパスが必要になりました。1月10日からはもう1段階進み、ワクチン未接種者は陰性検査の結果とは関係無しに公共交通機関を一切利用する事ができなくなりました。そして近く2月15日からは、ワクチン未接種者は職場に入る事すら不可能になります。

1月17日の現時点で職場に入るのにはグリーンパスが必要ですが、ワクチン未接種者がグリーンパスを得る為には48時間ごとの有料の陰性証明が必要になります。また、最近は政府がオミクロン感染爆発を煽ったために、多くのワクチン接種者まで抗体検査、PCR検査に行列を作るようになりました。15分で分かる抗体検査の結果を受け取るのに7時間かかる事もありますので、スケジュールを組むのも簡単ではありません。

街では警察官がグリーンパスのコントロールをしています。彼らも命令に従っているだけなのでしょう。政府の要請に従って、街の人々はマスクをしていますし、医療従事者は政府や上司の要請に従ってワクチン接種を繰り返しています。カフェやレストランも政府の命令に従って、ワクチン未接種者を締め出しています。少し前からは突然マスクの種類自体もFFP2マスク指定になりました。それによって、少し前まで使用されていたいわゆる一般的な不織布マスクは、突如無用の長物となったといった所でしょうか。


では、その命令や要請はそもそも正しいのか。科学的な正当性のあるものなのか。実際にワクチン接種により亡くなったり、副反応 (有害事象) で苦しんでいる多くの人がいます。そういった事象に対しては、因果関係は分からないとして見ないふりをし、責任の所在は結局不明のままです。命令や要請に従ったからではないのか。現場で国民を管理し、締め出し、ワクチンを接種しているのは政府関係者ではなく、やはり国民自身なのです。それでも警官や医療従事者の中には、そうした命令を拒否して職を辞している人達もいます。自分の生活を犠牲にしてでも己の良心に従って、他者を傷つける事を拒否する人達もまだいるという事です。

コロナ禍により世界中で経済も人々の暮らしも疲弊しています。「人は病だけでなく、経済でも命を落とす」という言葉がありますが、まさにその通りだと思います。実際に現在進行形で人々の生活の破壊が進んでいるわけです。コロナ騒動を自分の利益の為に企図した少数の人間がいるとしても、結局のところ実際に人々の生活を破壊しているのは無意識的に騒動に自分から加担している人々ではないでしょうか。疑問を持たず、盲目的に従う行為こそが自分達の暮らしを破壊しているのではないでしょうか。


コロナパンデミックを引き起こしているのは本当にウイルスなのか。信頼性の低いPCR検査を拒否する人が多数派になれば「コロナパンデミック」はすぐにでも収まるのではないでしょうか。「コロナパンデミックの実体はメインストリームメディアが多数派に共有させている幻想」だと仮定すればです。偽陽性の多い検査法が唯一の根拠になっているために、コロナウイルスの危険性も、感染蔓延の実態も本当のところは分からないのです。ディストピアを作り上げるのは、疑う事を知らず、命令、要請、多数派に従う一人一人の人間です。世界中で多くの人が自主的に放棄しているのは、自由であり、健康であり、命です。

コロナワクチンの危険性を周りの人に伝え始めて分かった事は、相当の努力を払っても耳を貸そうとしない人が多く居るという事でした。ブログを始めた理由は、自分の命を守りたい人、大切な誰かを守りたい人に、微力ながらも力を貸す事ができないかと考えたためです。

私は理学部出身の基礎研究者です。「人の役に立たないのが基礎研究だろう。そうした自由さこそが科学の発展に必要だろう。」と以前は考えていました。けれども歳を重ねるごとに少しずつ考えが変わってきました。できれば人の役に立つような研究もしてみたい、誰かの役に立ってこそ科学であり技術ではないか。外国で暮らして、周りの数少ない日本人は研究者でない人がほとんどですが、実際に研究者以外の方達と話してみて、科学や技術に興味を持ってくれる人はたくさんいると実感した事も経験になりました。

2019年12月に新型肺炎の患者が報道され、その後コロナ騒動が始まりました。その最初の患者からSARS-CoV-2の塩基配列が決定され、このウイルスが肺炎の原因だとする論文がNatureに投稿されたのは最初の患者の発見からわずか1ヶ月。ファイザー、モデルナはその塩基配列を利用して数日でワクチンのデザインを完成しました。通常ならそれぞれ数年かかってもおかしくありません。当初から私には違和感ばかりでした。コロナ騒動の渦中でずっと考えてきた中、ワクチン接種が遅れていた日本でも大量接種が始まる事になりました。その時、私にもできる事があるのではないか、私の知識で救える人がいるのではないかと思ったのです。そう考えたら黙っていられませんでした。当初はブログを匿名でする事も考えたのですが、やはり実名で書くからこそ説得できる人もいるかもしれないと思いました。私にとっては一人で静かに始めた戦争でした。

私自身は今後もコロナワクチンを接種するつもりはありません。今できる事を精一杯やっています。当初から変わらず、私にとって優先する事はこのコロナワクチンの危険性を訴える事であり、せめて手を伸ばしたら助けられる方を一人でも多く助けられたらと思っています。

子供へのワクチン接種 / 医師 長尾和宏ブログ

明日から子供へのワクチン接種が始まるという。

ほんまかいな? 正気かいな? えらいこちゃ!

ちょっと考え直したほうがええんとちゃうの?


テレビのワイドショーでの専門家の常套句。

 

1) 「特に持病のある子供に打つべき」

 

2) 「メリットがデメリットを上回る」

 

「子供もできるだけ打つように!」と、煽っていた。

理由は、高齢者にうつったら困るから、だという。

 

要は高齢者を守るために子供も打てと、専門家や政治家は言う。

有名な元政治家も、自分の子供達に打ったことを自慢していた。

 

 

でも、子供の体質や免疫システムも百人百様で、アレルギー体質の子供も、世の中には沢山いる。

 


そんな子供を持つ親は、打て打てドンドンに、迷い、悩んでいる。

そんな、弱者が抱えている「ストレス」を考えたことあるのかな? 

 


僕はまったく違う事を考えながらテレビを観てる。

 

 

再び、1)と2)について。

 


1)持病のある子供とは、アレルギー疾患や後天性の障害や先天性の障害や人工呼吸器の医療的ケア児などであろう。

僕はそんな子供達には、打つべきではないと思う。  僕は打てない。

なぜなら、打ってから大変なことになっている子供達を診ているから。

 

2)「メリットがデメリットを上回る」という呪文を繰り返す医師にはいったい何を根拠にそんなことが言えるだろうかと、いつも思う。

なぜなら、メリットもデメリットも何も分かっていないからだ。

特にオミクロン株に対しては、両方ともデータは皆無であろう。

なのに、独善的に煽るような行為は医の倫理に反するのではないか。

またこんな内容を垂れ流すテレビ局の責任も重大ではないかと思う。

 

「情報災害」という本を書いたが、ここまでくると「情報殺人」だ。

なぜBPOがまったく動かないのか。 日本は治安も麻痺している。

 

 

今月末あたりから、子供へのワクチンが本格化。

 

「打たない奴には不利益を与えよ」とまくしたてる元政治家は重篤な後遺症が出ても無視するのだろう。

 


自分の子供全員は、幸い後遺症が無かったのだろう。

でも、後遺症で苦しむ子供がいるのを知らないのか。

 


強制接種を煽る有名人がヒトラーに見えてくるのは、僕だけなのか。なんでこんな世の中になったのか。

 

オミクロン感染して亡くなった高齢者の大々的な報道にも違和感がある。

あくまでも基礎疾患で亡くなっているので、「オミクロン死」ではない。

 


オミクロンが蔓延するなか、着々と子供への集団接種が準備されている。

誰かが、子供のワクチン死やワクチン後遺症を食い止めないといけない。

 

 

 

「記録映像 ワクチン後遺症 2021年12月15日グランキューブ大阪

という映画が、1月29日(土)に大阪で公開される。

 

映画のチラシ

f:id:HiroshiCarlosFurukawa:20220119041733j:image

 


まさに、緊急上映だ。

間に合えばいいけど。

 

 

1月29日(土)18:30~  シアターセブン   予約は1月22日から

 


2月4日(金)19:30~  第七芸術劇場     予約は1月28日から

 

 

 

東京や他の都市でも、順次、上映できたらいい。

上映会の主催者をこれから募集。(HPは未完成)

 


政治家は、後遺症に悩む当事者の声も聴いてほしい。

政治も医学も、弱者に寄り添うことが本分だろう。

 

 

 

目覚めた人達が力を合わせて、子供を守らないと。

もちろん、心あるお医者さんも考え直して欲しい。

 


北海道の医師達の勇気を見習おう。

http://www.drnagao.com/img/media/corona_document/doc00088220220117110921.pdf

フリーペーパー「SEVEN」最新版に記事を掲載しました。

1月15日発行のフリーペーパーSEVENの2~3月号に、『ご存じですか?』の最新版にて副反応の記事を掲載しました。
3月14日までの2か月間、約2万部が各商業施設、企業、医療機関などに配布・設置され、また各家庭にポスティングされます。

f:id:HiroshiCarlosFurukawa:20220116103909j:image

f:id:HiroshiCarlosFurukawa:20220116103914j:image

 

若者はコロナよりもワクチンで40倍も死亡し易いと日本の大規模研究で判明

ブログ「覚え書き」のリンクをシェアいたします。

これは、非営利団体日本医薬品安全性監視研究所(NOPJIP)が国際医薬品情報協会(ISDB)の会員として隔月で発行している「Med Check」の最新号(下記参照)のレビューで主張されたものです。

 

MED CHECK:隔月刊は、ISDB加盟の2つの会報誌を統合して、2015年1月に日本で創刊しました。『メドチェック』特定非営利活動法人日本ファーマコビジランス研究所(NOPJIP)が発行する、治療や医療に関するインフォームド・ディシジョンのための、厳密な独立性と信頼性の高い情報。Med Checkは、購読者の皆様からの出資により運営されています。広告なし、株主なし、スポンサーなし。

以下のリンクをご覧下さい。


 

 

活動報告

#子どもたちの命と未来を守る会

会長による活動報告がありましたので、こちらでもシェアします。

以下

活動報告12月7日

約2か月にわたる長崎県長崎市との交渉で、副反応件数・死亡件数が報告されました。今後もこちらの求めに応じ、必ず報告を受ける事が出来るようになっています。長崎県は要望通りHPにて件数を公表しましたが、長崎市においては未だです。しかしこれも現在、市のワクチン室課長へ強く要望していますので、近いうちに必ず実現させます。

次は、この件数をより多くの長崎県民・長崎市民の目に留まるように、長崎市諫早市大村市(一部)で2万部ほど発行されているフリーペーパー『SEVEN』の来年1月15日号に記事として掲載する計画を立てています。SEVEN編集長にも快諾して頂き、現在打ち合わせをしております。

ポスティングや市内各商業施設で手に入る他、中規模以上の多くの病院・クリニックで患者さんが自由に手に取れるように配布・設置されます。

何のリスクも知らずに子ども達への接種を考えている保護者の方の少しでも多くが、この事実を手に取れるように頑張ってまいります。

活動報告(続き)12月8日

長崎市より電話連絡があり、たった今、副反応件数・死亡件数を長崎市のHPで公開する事が決定したとの報告を受けました。HP上の作業が完了した後に、また連絡を頂くことになっていますので、その時に再度お知らせします。

なお、集計に重複があり、死亡件数5件から4件(2月~9月4日まで)に訂正になりました。